2007/09/02

全米第5日

ヴァヴリンカ、今まで気づきませんでしたが(…)、
かなりの我が道っ子なんですね…?

練習時に笑いかけたサフィンを無視した、
というエピソードに噴き出しました。
スイス、何気に逸材抱えてますね…。

「サンプラスはきみが世界一になると言っていたけど?」
に対するサフィン、天才だって間違えることはあるよ、
彼が間違っただけだよ、って、アンタ! しかもあの笑み!
ちょっと得意そうでハンサムなのに、
どっかしらシャイなんですよね、あの笑顔。
これだからサフィン好きなんです…。
プレーがわりとメタメタでも…。

ヘンマンが負けたのが残念です。
最後までサーブ&ボレー、美しかったですね!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/05/29

全仏1日目…。

わーいきなり見逃した…。
ゴンサレス…。
と思ったらやってなかったんですね。雨?

今晩の2日目放送も見られなさそうです。
せめてビデオを、と思ってますが、
失敗する予感が妙に、する…。

今度まとめて動画とかあさりたいです。
とても追いつかない気も、する…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/27

全豪13日目、怪獣対決。

怪獣大戦争を制したのはセレナでしたね…。
しかも圧倒的に。
シャラポワのお手上げだわ、って表情、
滅多に見れるもんじゃないです。
がんばって、自分のしたいプレーして!
ってめずらしく応援してしまいました。


以下唐突にシャラポワへの悪態。
彼女を妖精だ!と思ってる方は避けてください…。

負けた人を叩くのも申し訳ないんですけど、
あのシャラポワの間違ったファッションが
いつも見ててツライです…。
自信満々でわたしイケてるって思ってるところが…。

わたしは別に、マリアが威張ってるから嫌い、
とかじゃないです。プレーに対する
盲目的な自信とかは、まあ、
好意的に笑えると思うんですよ。
問題は、あのわたしイケてる、ってところ…。
あのウェア、正気じゃない…!

今までいちばんびっくりだったのが、
テニス選手みんなでドレスアップしてパーティ、
っていう企画のとき、みんな(たまには)
こうやっておしゃれするのもいいことだと思うわ、
って完全上から見下ろして発言してたときです。
そういう自分の格好は、レッドカーペットなんかに
現われたらなんてコキオろされるか、
おそろしくて想像もできない…。イタイタしい…。
自分が、スポーツ選手のわりに素材がいいね、
っていう存在なんだと気づくといいと思います…。
自分の価値は“素材”なんだと、気づくといいと思います。
おしゃれもイケてるというあの間違いに、
いつか、気づくといいんですけど、
まあ一生気づかないんでしょうね…!


ところでダバディさんの、マリアやセレナは
センシティヴなところを隠すために威張ってる、
マラト・サフィンなんかもそうですけど、
ってところに笑いました。
見抜かれてる見抜かれてる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/26

全豪12日目、超ゴンサレス。

さてボトムハーフのセミファイナル、
トミー・ハースvs. フェルナンド・ゴンサレス。

この組合せを予測してた人
ほとんどいないんじゃないですか。
トップハーフの意外性のなさに比べ。
ゴンサレスがここまでくるなんて!

ハースにはそんなにときめかないんですけど、
なんかバランスがよすぎて。
顔も文句なくハンサムだしプレーはきれいだし、
手堅すぎるんですよね。笑っちゃうような
飛びぬけたところとか穴とかがないし。
しかも気持ちだけが荒いという。

逆に、ゴンサレスのあの豪腕!
"The hand of stone"!
しかもミスのない豪腕!
いつの間にこんなとんでもないものになったの!

なんかこの試合、おかしかったですよね…。
あの種類のプレーでエラー3て。
内ひとつは2セット目第2ゲームのライン上?
インじゃないの?チャレンジしてもいいんじゃないの?
っていう微妙なコースのやつですよね?
…実質2つ? ありえない。
そりゃハース勝てないって。

模範的なプレーでは対抗できないです。
ゴンサレスのプレーはほんと、
手ェ叩いて笑っちゃうようなミラクルぶりでした。
わたししょっちゅう両手挙げて喜んでました…。
フォアのぶっ叩きなんか、ウッソ!なにそれ!って大笑い。

…フォアっていうか、卓球のスマッシュみたい。
あの振り抜き!ボールがトップになる前に叩くところとかも。
なんであれでものすごいコーナーとかライン突けるのか。
ミスなしってのが驚異です、ほんと。
あんなテニスがずっとできたら、ランキングなんか
あっという間に2位までいくよ!
(1位はフェデラーだと信じてます…)

Gonzalezf07012605あとあのガッツポーズがいいと思います。→
淡々と超プレーしといて、たまにガッツポーズ。
それも、挑発的な(ヒューイットとかみたいに
相手に見せつけるような…)のじゃなくて、
ヨシ俺はできる、っていう自分に向けての
自信に満ちたよいスタイル、よい表情。

Gonzalezf07012603そして試合中の集中した様子とうってかわって
コミカルな動きと笑顔全開になる試合後とか。
手を挙げて喜んでるときなんか、→
目キッラキラしてましたよ。

うおー胸がキュンとなる。
これはファン増えます、ほんと。
このムダな長さでわかりますが、
わたしはもう完全にまいってます…。


ああファイナルがたのしみ!
これだけゴンサレス素敵!強い!とか言ってても、
フェデラーがさっくり勝つと信じてますが!
絶好調の男の頭をのっけから叩くような
フェデラーが見られるかも。ていうか見たい。
ひとまず笑える超プレー連発な
いい試合になりますように!


しかし女子決勝の組合せは怖いですね。
シャラポワ対セレナって、なんなんだ、怪獣対決か…!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/24

全豪9日目、大人ロディック。

昨日の試合模様に関連した話で、
ダヴィデンコだけ、スポンサーがつかない、
というのがさもありなん、で、気の毒…。

いっそダヴィデンコもナダルも勝ち抜けて
セミファイナルであたるといいよ!
そんでダヴィデンコが勝つといいよ!
それでスポンサーがつくとは思わない、が、(ごめん…)
ダヴィデンコ軽視の娘さんたちの反省を促すがいいよ!
とかつい思いました。

兄エドゥアルド(顔のつくりは基本一緒。頭髪有)が
わりとハンサムに見えるってことから、
弟ニコライの方も髪さえあれば、
スポンサーのひとつやふたつ、
ついてたと思うんですけどねえ…。ハゲに厳しい現実!
もしくは性格がもっとハジけてれば!

て関係ないところで熱くなりました…。


さて今日の本題、ロディックvs. フィッシュ。
同国アメリカ、お友だち対決。

最初フィッシュも白いウェア着てたんで、
ふたりのキャラがあんまりかぶってて笑いました。
シャツの裾で顔拭くとことか。
腹見えてるよ!っていう。

そういえば、なんかロディック、太った…?
横からみるとなんか厚いんですけど…。
シャツの上からでも。腹周りが…。

いやあそれにしてもロディック強かった。
6-2 6-2 6-2。
自信を持ってるロディックは素晴らしいですよね。
自信喪失になるとほんとしょぼくれ犬だけど。
最近それもあんまり見ない。

ロディックの場合必要だったのは
実力に裏打ちされた自信ていうより、
自信に裏打ちされた実力って順番だったわけで、
ここにきて精神的に成熟したのかなんなのか、
自信がいい具合にすべてを回しているようです。
大人になったんだなあ、と感慨。

サーヴ以外のプレー全般もなんだか
こなれてきてる絶好調ロディック、
セミファイナルは当然のようにロブレドを下した
目の上のコブ、フェデラーとですが、
さてどうなるのか。

好調なのにフェデラーに勝てないロディックが見たい、
と言い続けてきましたが、(ヒドい)
今回はいい線行ったりしますかねえ!
次もがんばってアンディ!

ところで今日いちばん笑った不思議ひとコマ、
解説・実況ともにつっこまなかったんですけど、
(たぶんつっこめなかったんだろう…)
ジミー・コナーズコーチのあの、サングラスだと
よく見えないし眼鏡だと眩しいし、
ええとサングラスの上に眼鏡ってかけられるの?
あ、無理、じゃあ逆は、あ、こっちも無理…
っていう謎の動き!あれなに!
結局眼鏡だけに決めたらしいですけど、
まあ見えないよりゃ眩しい方がましですよね、コーチだもの。
ていうか、サングラスに度入ってないの…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/23

全豪7日目、ゴンサレスの顔。

Fg07012102まずブレイクvs. ゴンサレス。
なんてパワー対決!気持ちいいなあ!
展開も、5-7 4-6 6-7(4-7)でいい感じでした。 

で、わたしはゴンサレス派なんですけど、
なんでって、え?顔? (…)

いやもちろん、あのパワーヒッターぶり、
あのフォア!あのリターン!
大好きなんですけど、それに加えて、顔が。
…知ってますけど、そんなこと言ってる日本人
ほとんどいやしないって!(ていうか、いるのか)

ブレイクももちろん、クールで笑顔の素敵な
イケメンだと思うんですけど、すみません、
ゴンサレスみたいなの大好きです。
かわいいじゃないですか!(本気です)
英語ヘタそうなところとかも、いいと思います!

Sg0701(参考画像、グロージャン→
こういうのが好きですけどなにか!)


で、ダヴィデンコに勝てたことがないという
ベルディヒは、今日も負けてましたね…。
そういえばあれ以来やっぱり勝てたこと
ないんですよね?

マレーvs. ナダルは、…
結局ナダルか!要は体力か!
7-6(7-3) 4-6 6-4 3-6 1-6て展開が
すごくそういう感じだ!

まだインタヴューチェックしてないんですけど、
マレーが体力がらみで、そりゃナダル相手なんて
やってられないよ、最後の方なんかつらいったら、
みたいなこと言ってくれてること期待しながら
明日チェックしたいと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/21

全豪6日目、期待と落胆グロージャン。

あらやだ!今日はグロージャンじゃないですか!

見られるとしたら3回戦、ナルバンディアン戦かなあ、
そこまで勝ってくれるかなあと、あんまり
グロージャンを信用していなかったので、
放送叶って嬉しいです。

が、中身の方は 5-7 4-6 7-6(7-4) 6-4 6-1…。
2セットアップの3セット目ゲームカウント4-5、
0-40のグロージャンマッチポイントから、
なぜひっくり返る!なぜ負ける!

試合の展開そのものなのかテレビ編集の加減なのか、
全体にナルバンディアンの不調から復調、
っていった内容で、なんだかグロージャンファンとしては
無駄に期待させられ無駄に落胆させられるというか。

でも最後5-1からの2本連続のリターンとか、
すばらしかったですね。ときめいた。
これで勝ってればなあ…とがっくり。

ナルバンディアンめ!無駄に期待させやがって…!
やるなら最初ッからやっとけ!
とハンカチ噛みたくなる内容でしたが、
まあ見られただけでもよしとするべきなのか。
というか、とてもWOWOWに相手にされてるとは思えない
お気に入り選手の放送を見られたのはそもそも
ナルバンディアンさんのおかげですと、
むしろ感謝すべきなのか…。

でもやるなら最初からとばしてくれて構わなかったよ!
どうせ展開がもつれたところで放送時間が
長くなるわけでもない録画ダイジェストだからね!


さて!あとの試合は、ナダルがヴァヴリンカに
勝ったのはいいとして、あ、ゴンサレスが
ヒューイットに勝ってる。ブレイク戦はたのしそうだ。
おおベルディヒがツルスノフに完勝して、
次ダヴィデンコとですか!
やっぱりベルディヒが勝てない方に一票!
マレーもかっちりチェラに勝ってる。えらいぞアンディ!
さてナダルとの4回戦対決はどうでるのか。
正直どっちが勝ってもいいなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/19

全豪4日目、

今日もピックアップコーナーの試合模様見てて
思いましたが、ヒンギス大好き・・・。
一度挫折した女のフィックスアップした感じが。
インタヴューとかも、見ててとても安心できます。
ものがわかってるなあ!

あと婚約発表の、あ、ステパネクでいいんだ…、
っていうチョイスぶり。素敵です。


さて、ヴェルダスコ戦で苦しんだ我らがマレー。
いつもながらインタヴューは超微妙な笑いに溢れてます。
ていうか本人べつに笑わそうとしてないと思います。
でもなにかが、おかしい…!

ヴェルダスコはほんとうにすごく厄介な相手だ、
"He's a really, really tricky guy to play against."
っていうとことか。あんまりみんなインタヴューで
trickyって言わない気がするんですけど、
toughとかな気がするんですけど、どうなんですか。

http://www.australianopen.com/en_AU/news/interviews/2007-01-18/200701181169114621265.html


さて次はサフィンvs.ロディック戦!
乙女の夢のような胸ときめく組合せですが、
同時に、もったいない…!たかだか3回戦で!
って辛さもありますね。

あとモンフィスvs.ガスケの若手対戦もすごく、
たのしそうだ。見たいなあ。
フランス人には辛いところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/18

全豪3日目、選手キャラ。

ジョコヴィッチ、は、速い…。
なんだか毎回見るたびに好きになります。
いいプレーヤーだ。
しかしフェリシアーノ・ロペスはいつ見ても王子ですね!
見てて恥ずかしくなるほどだ。


で、まあ大体シード上位が順当に勝った
2回戦の話とかほっといて、
いきなり質問コーナーの話になるんですが、
もしほかの選手の技がもらえるなら、誰の技が欲しい?
って質問に、みんながシャレ込みで答えてるのに、
シャラポワ、セレナ、バイディソバの3人は
誰の技も欲しくないわ、自分のプレーが気に入ってるの、
みたいな返答で、(セレナはそんな丁寧な返答すらなし…)
だからわたしこの娘たちが好きじゃないんだ!と妙に納得。
笑いとかエンターテイメント根性とか、全くない…。
ていうか質問の意図をまるで理解していない…。
(大真面目に自分のスタイルで前進したいわ、とか言われても!)

サフィンなんか、フェデラーのフォアハンド。
あとそれにヨアキム・ヨハンソンのサーブ(だっけ?)と
ヘンマンのボレーも、って数多く挙げることでシャレになる、
ってのをちゃんとわかってますよね。
あとヘンマンのチョイスの仕方とか。
相手の欲しいものと自分のやり方・考え方との
中間点を探るのが非常にうまい。
いつもサービス精神を忘れてません。

なので、対照的に大真面目な娘二人にびっくり。


※以下シャラポワ、バイディソバへの悪態。

わたくし正直シャラポワ、かなりいけ好かない、
とか常々思ってるんですけど、
あのわたしわたしわたし!なところが。
ファンサービスとか、考えたことないんじゃないですか。
というか他人のこと考えること、ほとんどないんじゃないですか…。
特にいけ好かない…と実感するのがあの試合後のキス!
ファンサービスでもなんでもなく、自分のための
型にはまったパフォーマンス!あの鏡かビデオでも見て
ポーズ決めましたか!と訊きたくなるターンと腕の振り!

バイディソバもふだんから、この娘は…ってどうにも
いけ好かないんですけど、わたしはシャラポワとは違うわ、
一緒にしないで、って言うくらいなら、
サンバイザーと長いピアスと青いワンピース型ウェア、
とかのカブッた見かけをどうにかすればいいのに、
そこをそのまま、似てることを否定されても…
とか思うわけです。去年の全米でしたか。
そこらへんに、わたしは自分のスタイルを変えないわ、
って主張があるっていうなら
シャラポワと同じくくりにされることへの不快感なんて、
小物臭いこと言ってちゃダメですよね…。
似てようが似てまいがどっちでもいいわ、これがわたしだもの、
くらいの心意気を持てって…。

どうも、君たちもう少しまわり見た方がいいよ!
ていうかまわりとの距離感とか自分の立ち位置なんかを
知った方がいいよ!っていっつも思うんですが、
でもまあ、愛されようって笑いが必要ないってんだから、
強い娘さんたちです…。立派だ。


あと、この質問、
ナダル、サフィンなんかがフェデラーのフォア、
フェデラー、ヒューイットなんかがロディックのサーブ、
って言ってたのがそれぞれのプレー表してていいですね。
後者2人なんかは技術には自信があるから
あと欲しいのは天性のサーブとかなんだろうなあって感じで。
しかもあると便利だよね、みたいな余裕が…。

一番人気はフェデラーのフォアハンド、
次いでフェデラーの全部!みたいな回答が
多かったですが、技じゃないけど
いちばんあった方がいいのは実は
ナダルのメンタルだったりしませんか。

特にシードクラスの選手なんてみんなすごく
いいところたくさんあるわけで、
それを100%活かせてたらグランドスラムも
すぐ手が届きそうなものなわけで…、
そのためにはあの精神力があると
いい線いくんじゃないかと。
あとそれを裏打ちするあの体力!
(でも他人の精神力と体力が欲しい、って、
屈辱的でちょっと言えない…)


まあそんなわけで、選手キャラをはかれる
お遊び的なおもしろさに加え
プレースタイル考察もできるという
よい企画コーナーでした。

この質問、マレーあたりにも是非して欲しかった。
なんにも要らない、どころじゃなく、
なんかとんでもないこと言う気がしなくも、ない…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/17

全豪2日目、マレーの口。

Murray0701171回戦でスペインのアルベルト・マルティン相手に
圧勝したマレー、 いつもながら彼のインタヴュー大好きです。
笑えるから!

Q. Any sympathy for a guy who is on the other end of 6‑Love, 6‑Love, 6‑Love?
ANDY MURRAY: 6‑1 (smiling).

(一般的な話として、)6-0 6-0 6-0で敗れる対戦相手への
同情とかってあります?
と訊かれて、6-1だよ、と笑って訂正するマレー。
(この試合、第3セットだけは6-1だった…)
なんかもう、たったこれだけで参りそうなんですが、
さらに、

コートの上では同情なんて絶対ない、
試合後は勝ててうれしいものでしょ、
まあそういうふうに負けたりしたら
かなり厳しいだろうとは思うけど、って答えたあと、

6-0 6-0 6-1で勝ったことは嬉しいよ、
17ゲーム連続で取って勝つのが
最高の気分ってわけじゃないけどね、
って、あんた…。

なんていうか、マレー発言はいつも
いろんなことをまるで斟酌してない…。
言わなくてもいいこととか。
当たり障りのない応答とか。
一応一般的な質問として振ってくれてるのに、
自分から今回の試合に突っ込んでいっちゃうし。
17ゲーム連取なんてあえて言わなくてもいいところに!
いつも思うけど、ほんと正直ですよね…。

で、さらに、
そういうとき試合後なんて声かけます?
って訊かれて、なんにも言えることないよね、
ただついてなかったな、って言うだけだよ。

…この、正直なネガッ子め!
発言を取り繕おうとか、ないんですか。
愛おしいじゃないか!

なんかもう、ほかにもいろいろ、
自分の去年の成績がらみで
若手全般の負けぶり言及したりだとか、
あえてそれ言うか?!な不思議さに満ちてますが、
挙げてたらキリがない…。

フェデラーに、若手としてジョコヴィッチと一緒に
グランドスラム優勝候補に食い込んでる、
と言われたってことについて、そんなことない、
4回戦突破できたことないし、と言いつつも、
今回は突破できるようがんばるよ、
て言ってるので、ひとまずは
今後のインタヴューに期待したいと思います。
ベスト4入りぐらいできるといいんですけどねえ。
ただそうなると、4回戦でナダルに勝つってことですね…。



↓オフィシャルから元記事。
http://www.australianopen.com/en_AU/news/interviews/2007-01-16/200701161168947930375.html

A. MURRAY/A. Martin

6‑0, 6‑0, 6‑1

An interview with:

ANDY MURRAY

THE MODERATOR: First question, please.

Q. Slightly different feeling from this time last year.

ANDY MURRAY: Yeah, it was ‑‑ you know, it was good today. I played really solid. Obviously I was supposed to play on the other court and then got changed to the same court that I lost pretty badly on last year, so I wanted to go out there and kind of change that memory a little bit.

Felt like it did that really well. I played solid the whole way through the match. I could have served a bit better. Apart from that, everything was perfect.

Q. In terms of the conditions on that court, do you think the way it worked with the weather it worked in your favor in the end?

ANDY MURRAY: It was cool to play outside. I wasn't too bothered. You know, obviously the conditions were warm today. But, you know, I felt like in that sort of match, I'd be the player dictating most of the points, so therefore I wouldn't be getting as tired.

I was fine playing outside. I thought they were going to open the roof for my match anyway. Was a little bit surprised when I went on court and the roof was on. Yeah, I was fine either way.

Q. 15‑Love in that sixth game of the third set, when you smacked your racquet, was that an annoyance that you probably wanted to win Love‑Love‑Love?

ANDY MURRAY: No, it wasn't that. No, it wasn't so much that. It's just that you have the ‑‑ the big test out there tonight was concentration. I felt like I concentrated really well until that game.

You know, obviously I didn't want to lose a game if I didn't have to. But it was more the concentration. You probably get one chance in your lifetime to win a match 6‑Love, 6‑Love, 6‑Love. Probably hasn't happened in the last 10 years. I can't remember it happening. You know, that's how difficult it is to do.

So it was just the concentration factor. You know, I missed a couple shots I hadn't been missing. It wasn't so much that I wanted to win Love‑Love‑Love. I wanted to maintain my concentration, and I let it slip a little bit.

Q. Looked pretty impressive. Where do you think your game is? Can you judge from that yourself?

ANDY MURRAY: Well, I felt I played well. You know, I could have served better. But I felt when my first serve did go in, you know, I was winning probably 90% of the points.

Obviously I'll play against tougher and tougher opponents, you know, my next matches. It's going to be really difficult. Mathieu has had some really good wins. He gave Nadal a lot of trouble at the French Open last year, and Verdasco has won against guys like Roddick, and you know, is a tough guy to play against.

So, you know, I know it's going to be difficult, my next match, but I feel like if I play like I did today and a little bit better, then I've got a good chance of winning.

Q. A little fellow in the crowd was giving you support. How aware were you? How much help was it?

ANDY MURRAY: I mean, you try not to think about it too much. It was nice because the crowd wasn't that full, but there was still a good atmosphere. Even though it was still very comfortable, you know, still making noise and stuff which almost makes it easier to concentrate when it's like that.

I wasn't that aware of it. I was just trying to focus on my tennis. But, you know, I knew there was a lot of noise. It was good.

Q. Could you tell us a little bit about the training you've been doing in the winter period, what difference it has made to your attitude and game.

ANDY MURRAY: Well, I mean, I worked hard. I don't need to go into detail. I got a new fitness trainer. I worked on pretty much everything, just getting stronger physically. You know, some weights, some running, some core work. I just feel like it's made me just stronger in general.

I go on court against, you know, the guys that are bigger than me, you know, guys that were overpowering me last year, and I feel like I can stay with them and hit the ball harder than a lot of the guys. I feel faster this year than I did last year.

You know, all the hard work is definitely paying off right now. I didn't get the chance maybe to show it today, but the conditions here are really tricky. You know, if I have to go deep into matches, I'm hoping that my fitness will hold up.

Q. You clearly feel comfortable. How does it feel coming back here second year running? Does it just feel that much better?

ANDY MURRAY: Well, more experience. You know, last year I never had been to Australia before, never mind the Australian Open. I didn't know exactly how the courts played. The crowd here is quite noisy. The Vodafone court is a strange atmosphere 'cause, you know, there's nobody on the corners of the court. It's just a slightly different feel.

Obviously this year I have so much more experience. As I said, I learned how to deal with everything better. I think, you know, what, this is my sixth Grand Slam now. You know, I feel like ‑‑ or seventh Grand Slam.

I feel like, you know, I know how to deal with the pressures much better than I did this time last year. You know, I think everybody, you look at all the juniors who play, young guys to played poorly last year, you know, Gasquet, Djokovic, Monfils, all of them won pretty comfortably yesterday.

So I think all of us are maturing. Last year was obviously difficult, but I feel like I'm playing much better this year.

Q. Did you see any of Alan Mackin's match? You must have some sympathy for him having to play in that heat, especially against a South American.

ANDY MURRAY: No, no sympathy. I think you got to deal with the conditions. It's not an excuse. It's the same for both players. You know, I didn't get the chance to see it because obviously I wanted to stay at my hotel. Obviously it wasn't on the TV, but I was watching on the live scoring on the Internet. Looked like he was kind of in there in the first two sets, maybe didn't take his chances.

But it was definitely a good experience for him, you know, one that he'll learn from. Hopefully he'll get a lot of confidence from qualifying for a Grand Slam for the first time, you know, and hopefully it will pick his ranking up.

Q. Any sympathy for a guy who is on the other end of 6‑Love, 6‑Love, 6‑Love?

ANDY MURRAY: 6‑1 (smiling).

I mean, when you're on the court, you know, definitely not. But when you come off the court, obviously you're happy that you won. I mean, I can imagine that it's pretty tough to take, losing like that.

While you're on the court, you just have to try and concentrate on your game and not kind of let that affect you. Obviously I'm happy I won 6‑Love, 6‑Love, 6‑1. It's not the nicest feeling after a match is finished to kind of have won like that, winning 17 games in a row.

Q. What can you say to him at the net when you shake hands afterwards?

ANDY MURRAY: Well, I don't normally go into too much detail when I finish matches or speak to guys too much. I just said, Bad luck. That was pretty much it. There's not too much you can say. I didn't really say too much to him.

Q. When you've spent most of the day preparing to play outdoors, even though it was going to be at 7:30, it still likely to be pretty hot. Is there a little extra tension when you suddenly find yourself playing indoors, cooler, conditions aren't what you possibly have been preparing for?

ANDY MURRAY: You just have to deal with it. I mean, it's the same for both of you. You know, I play pretty well indoors. Although it doesn't really feel like a normal indoor tournament or an indoor match because it's such a big stadium. You know, the roof's so high it doesn't feel like it.

Normally indoors the ball flies a little bit more. It still kind of feels like you're playing outdoors, just obviously without the wind and the sun in your eyes. It didn't feel to me like it changed conditions that much. Although it was obviously colder in there, it still feels like you're playing outdoors.

Q. Of all the courts you played in the world now, which would you say was your favorite court?

ANDY MURRAY: Centre Court at Wimbledon probably. It's just a different atmosphere to any of the other ones. I haven't played on Arthur Ashe yet at US Open, which I'd love to do. I'd love to play a night match there. So far, Centre Court Wimbledon's definitely the best one.

Q. Was Vodafone here, after what happened last year, was that one of your least favorites?

ANDY MURRAY: No. It wasn't one of my least favorites. I mean, you know, probably Court 19 at Washington or something I'm sure is worse than playing in front of kind of 8,000 people (smiling).

You know, obviously I didn't have the best memories because of the way that I played, the way I dealt with everything. But obviously now I quite liked it tonight. I don't have a problem with it.

Q. Federer said before the tournament started that you and Djokovic could be two guys who could emerge as potential winners of a Grand Slam this season. Do you think you have the game all set for that, be one of the contenders?

ANDY MURRAY: No, I'm not going to say I'm going to be one of the contenders. I've never been past the fourth round of a Grand Slam before. You know, this year I'd like to do better than I did, you know, at all the Grand Slams.

Obviously I'm happy I got past the first round here, because obviously last year here I played pretty badly. I'm happy I won my first round. I'd love to do better at Wimbledon, the US Open, and obviously French Open, too.

In terms of winning a Grand Slam, it's a huge jump between fourth round and winning it. I'd like to keep improving. I hope in two, three years' time is when I'll be consistently kind of being a contender for Grand Slams.

Q. Seeing our sports reputation has taken a bit of a kicking down here as of late, do you follow cricket at all?

ANDY MURRAY: I kind of know what's going on. I know what's going on in most sports. I like the 20‑20 games, but I don't really like

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

art | books | drama | foods | movies | music | others | sports | 今日の一枚