2005/09/05

高値の天使

bruegel_angels わたしの数少ないフィギュアの中で1、2を争う
(数が少ないんだから1も2もない)ご自慢の逸品。
ピーター・ブリューゲルの『反逆天使の失墜』の右下あたりにいる笛を吹く天使。

Parastoneという会社によるブリューゲルやボッシュ(ボス)の絵に登場する
クリーチャー達を再現したシリーズのようですが、
http://www.talariaenterprises.com/product_lists/parastone/breugel-fall-angels.htmlCIMG1165
http://www.a-bd.com/search-bd_hero_929_bruegel_en.htm
中でも好きな『反逆天使~』の再現、しかも単体でも
ジョン・テンニエル画のアリス登場キャラを思わせる愛らしさに、
ご自慢に高くなった鼻もさらに高まろうってもんです。

CIMG1168ただ不思議なのが、絵では本来見えない位置にある右手、
これの向きが逆に付いていることです。親指の位置が逆。
手の甲が外にある場合、親指って下側になるはずじゃないですか。
わざとだろうとは思うんですが、笛を持ってる左手の向きは絵と同様正しいので、
なんで右手だけ、独創的に逆に付けてやろうとフィギュア製作者が
判断したのか、何べん見ても不思議です。

ちなみにお値段\4,515。あほか。
普段フィギュアを趣味にしてない自分自身に言わせてもらいます。
あほか。もっとマシなことに遣えよ!
でも調べてみるかぎり$44.0とか、€ 36.00 とかするようなので(\4,840)、
いいです。案外お値打ちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルブレヒト・デューラー

durer_sel怖い方から数えて1、2番を争うのがデューラーです。
あの高慢と自己愛と天賦が絶妙に混ざりあった狂気ぶりには震え上がります。
見てるといつも天才って怖いよね、って気分になる。
しかも自己評価の正確なナルシストの天才って。

ジョン・レノンを見るとデューラーを思い出したりします。
有無を言わせない才能の傲慢さというか。
そして有無を言わされず、やっぱり好きなんですよね。
いわゆるジーザスタイプといいますか。でもジーザス型にはレノンの方が近いですね。
無垢な狂信。

durer_self_engage デューラーはかなり分析済みで計算ずくの傲慢さです。
自画像をキリストに似せて描いてるとこ(1枚目)なんかも、自覚的。
そして婚約者あてに描いた自画像(2枚目)の男前ぶり。美しさのアピール。何様だ。
見たとき笑ったわ。いやらしい男です。ほんと。でもステキ。

傲岸万歳。天才って素晴らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

art | books | drama | foods | movies | music | others | sports | 今日の一枚