« 『ファイナル・デッドコースター』(まるきりネタバレで) | トップページ | 近頃の最悪兄弟? »

2006/10/19

各種映画ヨタ話。

今いちばんの話題は『ブラック・ダリア』なんですか?
主要キャスト陣の絶妙な
見たさ・見たくなさのバランスはさておき、
ジェームズ・エルロイ&デ・パルマが…!

なんだかとても、マッチョ臭がします。
というかあの時代設定自体がマッチョなのか…。

まあいちばんの問題は監督なんですけど。
わたしデ・パルマを1ミリも信用してません。

なので劇場には行かないと思いますが、
キャスト陣がやっぱり気になるので
そのうちDVDで…。
ハートネット&ヨハンソンて、すごいですよね…。
事件がとても進展しそうに見えない。
エッカートとスワンクの役どころが
話をまわしてくれるんでしょうか…。


『トゥモロー・ワールド』は、タイトル覚えにくいし
ストーリー設定もそんなにピンとこないし、
ジュリアン・ムーアも好印象だったためしがないしで、
腰引け気味だったんですが、予告編見て
そんなのなにが問題なんだ、と気づきました。

クライヴ・オーウェンがハンサムな以外に、
わたしが気にすることなんかあるのか。

ほんっと、ハンサムですよね!
最近いささかくたびれ気味ですが、
そのくたびれ・汚めの顔の中で
輝くグリーン・アイズったら!びっくりだ!

『インサイド・マン』でサングラス着用なのが
頷けます。目だし帽なんか被ったら即バレる。

とかいいつつ『インサイド・マン』まだ見てません。
だってスパイク・リーもデンゼンル・ワシントンも
マッチョなんだもの…。(そればっかり気にしてる)

『トゥモロー・ワールド』は見に行きます。ええ。
マイケル・ケインも出ているそうですし。


あとは、最近絵画ものというか画家ものが
めじろ押しですが、なかでも気になるのが
ミロシュ・フォアマンの『Goya's Ghost』。

画家自体が好きでかつ映画の監督・役者勢にも
期待できるのってあんまりないんですが、
そしてゴヤ役をステラン・スカルスガルドってのは
ちょっといやなんですが、
これはフォアマン監督なので問答無用で。
7年ぶり?74歳? 見なきゃ!

いやスカルスガルド自体はわりと好きなんですが、
この画家ものの流れではみんな
それなりクラスの役者が主役とってて、
中年以上の役者みんなが
次は俺がどれをやろう、
みたいに画家狙ってる気がしてなりません。
そこらへんがわたしの気をくじきます。
ジョン・マルコヴィッチのクリムトとか…!


そんな中。わたしの心を
笑いで打ち抜いたのはこちら。

レンブラントものやるならトム・ハンクスか
ジェフリー・ラッシュがいいなあ、とか以前
夢見てましたが、すでにレンブラントもので
映画化話あります。
しかもタイトル『夜警』!『Nightwatching』!まんま!
しかもレンブラント役マーティン・フリーマン!
しかも極めつけ、ピーター・グリーナウェイ…!

これ最初に見たときの衝撃といったら。
マーティン・フリーマンは元気かな、と
近作リストを見ていて、一番新しいのは
タイトルNightwatching…、
ああ夜間警備はたいへんだよね、で、
役柄は、Rembra……?
レ、レンブラント・ファン・レイン…?!
マジで? ダ、ダメ男レンブラント…!
ていうかマーティン・フリーマン主役かよ!
と思って中身確かめるほどに、驚愕。
ロマンス主軸…?マーティン・フリーマンで…?
ヘルティエ(愛人)役にミニー・ドライバーで…?
怖い。食われる…。
さらに前妻サスキアにサラ・ポーリー。
ちゃんと恋に落ちられるのか?
で、監督にピーター・グリーナウェイ。
この映画たのしいのか…。
と。
どうなんですか、一般的に。
いやそりゃわたしはたのしいですけど!

まあフリーマンは最近仕事多いですね。
ペネロペ・クルスとラブシーンがあったり
ミンゲラ&ジュードの新作にも出てたり。
こっちは日本でも見られるのじゃないかと。
でもそれよりフリーマン関連では
エドガー・ライト&サイモン・ペグの
『Hot Fuzz』が見たい。

あらすじの期待できるバカさもですが、
「メル・ギブソンになるのを夢見ている
うすのろだがお人好しな若い巡査
ダニー・バターマン(ニック・フロスト!)」
というところが堪らない…。


そういえばジュードといえば、見かけるたびに
ジュード超ハンサム…と感動する
dunhillのポスターがあるんですが、
オフィシャルサイトの方には
(http://www.dunhill.com/jp/jude-law)
その写真おいてないみたいですね。
スーツ+ダークカラーのコート着て、
身を前に傾けて歩いてるようなやつなんですが。
あれはウェブ上では手に入らないのか…。
しかしこのジュード広告はアジア地域のみ、
というのがどういう意味の戦略なのかが
気になります。


ところで『テキサス・チェーンソー ビギニング』には
本気で脱力します。ていうか弛緩します。
頭が悪いにもほどがある…。
マイケル・ベイ製作って……!

|

« 『ファイナル・デッドコースター』(まるきりネタバレで) | トップページ | 近頃の最悪兄弟? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104865/12345927

この記事へのトラックバック一覧です: 各種映画ヨタ話。:

» 映画「ブラック・ダリア」 [ホワイト・アロー]
私が大好きな映画 「L.A.コンフィデンシャル」 と同じ ジェイムズ・エルロイ [続きを読む]

受信: 2006/10/21 11:41

« 『ファイナル・デッドコースター』(まるきりネタバレで) | トップページ | 近頃の最悪兄弟? »