« 暑熱日記。 | トップページ | これでもかとSW。 »

2006/08/06

ドラマ泣き漫然感想。

CSI
#5.16 “潰された誇り Big Middle”

8時間も乗ってて消えた圧死の原因て
それって間違いなく人間…!って盛り上がり。

ああ、で、ほんとにそうなんですか。
悲しいな…。犯人の気持ちは非常によくわかる。
ねえ。うっかり太ってるせいで殺しちゃった、ってくらいなら
故意の殺人を選ぶよね。同意!

あ、ウォレス・ランガム。
この人は『ミディアム』にもおかしな夫役でいましたが、
おかしげキャラとしていろいろドラマに出てますね。
どうも好きです。嫌味ボケ、みたいな高等技術が。

そして! ひでえ、とんでもねえ実験しやがる!
この人たち鬼だ!
太った女による圧死の実証のため、グレッグを実験台にして
何キロの女が上にのっかったら身動きがとれなくなるか試す主任たち。

まあでも、グレッグは太めフェチに多少理解があるようだったし、
まあいいか…。ていうかどんだけ柔軟なのか、グレッグ。
丸さには色気がある、とか言ってましたよ。
他人の趣味思考に偏見はない、っていうよりも、
キミが太めに理解があるだけじゃないのかね…。
結局好きなんだね…?

今回は総括として、グリッソムが実はセクシーだったと
ようやくわたしも気づいた回ということで。
なんかどうもオチっぽいとずっと思ってきましたが、
こうやってそれなりにセクシー扱いされて
それにウィンクとか返してれば、なんだセクシーじゃん。
シーズン5の16までいってようやく気づいたよ!

それにしてもタランティーノによる最終話がたのしみです。
信じてますオタクの星!


Cold Case
#2.6 "デビルズプール The Sleepover"

今日はのっけからREMのStand。
いきなり胸掴まれる。
もうマイケル・スタイプの声でダウンですよ。

そしてこのあとも、The La's、Crowded House、
Simple Minds、The Bangles、Pixies、The Cure、…と、
素晴らしいですね、1990年設定!

しかも今回は変わり者として苛められっ子の
リタに関する回想シーンで流されるため、おもに
痛々しくもオルタナな音楽ばっかり。
泣ける。

ていうかこのドラマほんと、泣き要素ばかりで
どんだけひとのツボを突く気だ。
容疑者全員、被害者を苛めていた少女たち
それぞれが悲しい、というこのつくり。

特に苛めっ子チームの筆頭ブロンディーの描き方。
両親から躾といって虐待を受けるシーンで、
実際にそれを行うのは親に命令された障害のある兄ニール。
もうその設定だけで泣けそうなほど不幸なのに、
水に沈められてたブロンディーの横でタオルとってた母親が、
水から顔を上げたシーンでブロンディーではなく
さりげなく床を拭いてた映像に衝撃。なんてさりげないシーン、
そしてなんてさりげなさで不幸を描くんだ…!

悪女として描かれてたブロンディーが、最後のシーンでは
その障害をもつ兄と痛みを分け合うようにして
寄り添い合うのがまた、泣ける。
そこに訪れた両親に対し、ふたりがハッとした顔になるとことか
その両親の侵入をスコッティが阻むとことか、
なんなんだ、このドラマ。
なんでこんな “泣き” 基調ですべて押してくんだ。

わたしの涙腺はことのほか音楽が絡むと弱いので、
今回も目頭押さえながら。
うう、泣かせようとしてる人間に泣かされるとは。 不覚。

それにしてもこのドラマ、キュアーやけに多くないですか?
気のせい?

Stand/R.E.M.
There She Goes/The La's
Something So Strong/Crowded House
Alive and Kicking/Simple Minds
In Your Room/The Bangles
Wave of Mutilation/Pixies
Lullaby/The Cure
Toy Soldiers/Martika
Circle/Edie Brickell&New Bohemians


Joey
#2.16 “パパと看板 Joey and the Dad”

ジョーイって見てていつも思いますけど
マイケル可愛すぎ。ていうかパウロ・コスタンツォが可愛い。
いくら工学オタクだからってあれだけ可愛ければ
それなりにもてるんじゃないんですか。違うの?
重要なのは可愛げよりワイルド値?
だったらマイケルはまあ、モテないか。

ボビーVS.ジーナの戦いがキュート。
食っても太らないジーナ。わたしジーナが大好きなんですけど。
あの思いっきりのよさと、そのせいで色気があるんだか
ないんだかわからないキャラクターが。
今回もアレックス相手に、これだからは白人女は、
と毒吐く。でもあなたも同じくらい白いんだけど、と
アレックスに言われ、私はシシリア出身、隣はアフリカ!
って言うところとか。オモロかわいい…。
けど色気があるかは謎…。

それにしてもフレンズといいジョーイといい、
なんでこんなホロリとさせるんですかね!
笑いの中に微ホロリ、というか、
ホロリの中に笑いを織り交ぜてくるもんだから、
泣き笑い状態になって非常に気持ちいい。
泣かされっぱなしだと、泣かされた、って意識が残って
あんまりなんですよね。ノせられた、みたいな。
ホロリとさせておいて笑いで最後締められると、
自分で勝手にホロッときたみたいな気がして、効く。

なのでこのシリーズかなり好き。
ギャグもツボ無闇にツボはまるし!


ところで、IMDb見たら、なんか激しくデザインが変わってる…。
びっくりした。便利だが、ウザい…。

|

« 暑熱日記。 | トップページ | これでもかとSW。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104865/11293251

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ泣き漫然感想。:

« 暑熱日記。 | トップページ | これでもかとSW。 »