« Editors、素感。 | トップページ | 休みボケナダル。 »

2006/08/11

US前哨戦、二強。

さて全米オープンの前哨戦、マスターズ・シリーズの
トロント大会Rogers Cupが8日から始まってますが。
みんなの関心はそりゃフェデラーvs.ナダルですよ!
2004フェデラー、2005ナダル優勝という成績からももちろん、
同じくハードコートの全米を占う上で重要。

どのくらいみんながフェデラーとナダルのライバルぶりを
気にしているかというと、↓ロイター。


“フェデラーとナダル、トーナメント上に残る

(9日)水曜日、世界ランク1位のロジャー・フェデラーと前回優勝者ラファエルナダルは順調に2回戦を勝ち進み、トロントのマスターズ・シリーズにおいて決勝戦であたる可能性を残した。
フェデラーは25歳の誕生日のあとの大忙しの一日だったが、フランスのセバスチャン・グロージャンを無駄なく6-3 6-3で下して3回戦に進み出、ナダルは予選から勝ち上がった韓国のリー・ヒュンタクを6-4 6-3で下した。
世界ランク1位と2位のフェデラーとナダルは、今年すでに決勝戦で5回顔を合わせており、今大会も日曜日の決勝戦での対決に向かって進んでいる。
このスペイン人とスイス人とは、前回と前々回のトロント・マスターズを含め、過去14回のマスターズ・シリーズのうち、12回の優勝を占めている。

フェデラーは、ナダルを下して4回目のウィンブルドン・タイトルを手にして以来最初の大会となる今大会でも調子を落とした様子はほとんど見せず、グロージャンを下してロシアのディミトリ・ツルスノフとの16回目の対戦に進むのに、わずか67分しか必要としなかった。
40個目のキャリア・タイトルに向け、フェデラーは最初のチャンスでグロージャンをブレークし、それが第1セットを取るためのアドヴァンテージとなった。
第2セットでもフェデラーは早い段階で再びブレークに成功し、粘り強い(feisty)フランス人を相手にゲームカウント1-1で並ぶのを許しただけだった。
(この場合のfeistyをどう取ればいいのか…
根性があるとかそっちの意味でいいんですか?
グロージャンは短気だとか、キレてたとか、
そんなこともないですよね…?)
フェデラーは平静を失うことなく、最後4ゲームを連取して今シーズンのハードコートでの成績を30勝1敗に伸ばした。
「昨日と同じ感じで――良かったね」とフェデラーは記者に話した。「よりアグレッシヴだったし、ところどころすごく、すごくいい瞬間があった」
「彼はタフなプレーヤーだから、こういう試合ができてすごく満足だったよ」

スペイン人はランク85位の韓国人挑戦者から脅かされることは決してなかったが、ナダルのリーへの勝利はフェデラーほど無駄のないものではなかった。
ナダルもウィンブルドン以来最初の大会となるが、休みからの気持ちの切り替えはフェデラーよりもゆっくりしており、第13シードのチェコのトマス・ベルディヒと対戦する木曜日の3回戦が、より厳しいテストになるだろう。
「もし彼(ベルディヒ)が100%の状態なら、すごくすごく難しくなるね」とナダルは言った。「勝つためにはすごくいい試合をしなきゃならない」
「たぶん今日はベストの試合ではなかったけど、それはそれでいいんだ。ぼくは勝ったし、いちばん重要なのはそこだから」

(ほかの試合の模様、中略…)

アンディ・マレーはイギリス人のライバル、ティム・ヘンマンを6-2 7-6で破り、イギリス・テニス界の担い手交代を決定付けた。両者が顔合わせるのは2度目であり、19歳のスコットランド人は同国人との対戦成績を2-0へと伸ばしたことで、そのイギリス人ナンバー1の地位に応えた。”


あらら、本気でイギリスは世代交代したらしい、という
記事の締めです。しかしマレーはまだ19歳なんですよね。
名前を聞くようになってから結構たつのに、まだこの若さ!
将来性があるっていいですね。


それにしても最近の記事ってどこもこういう感じのような。
フェデラー対ナダルの対戦が注視される。
やっぱり混戦状態より、王者がたってる方が
大会全般の軸がはっきりして見やすくていいですよね。
なんか2人の成績を挙げてくだけで
二強時代ってのが実感できてたのしい。

しかしナダルの勝ったからいいよ、ってのはすごいセリフです。
ナダルの粘り強さ、精神の強さにはいつも呆れますが、
この、要はなにがなんでも勝てばいい、という泥くささが
相手をうんざりさせる粘りと日々の進化を生むわけですね…。


お誕生日といえば、フェデラーは8月8日が誕生日で、25歳。
獅子座。さすが、王者の星の下に生まれてますね。

ちなみにナダルは全仏中の6月3日。双子座。
ああ、そういう感じ…。
(双子座メモ、
機転が利き要領が良い、なんでもできる半面器用貧乏のきらいがある、
二面性があり社交家の気質と、計算ずくの情に流されない冷めた視線をもつ、
らしい…)


元記事。
Federer and Nadal remain on collision course
Thu 10 Aug, 3:48 AM

TORONTO (Reuters) - World number one Roger Federer and defending champion Rafael Nadal posted straightforward second round wins on Wednesday to remain on a collision course at the Toronto Masters.

Federer was all business a day after celebrating his 25th birthday, strolling into the third round with a tidy 6-3 6-3 win over Frenchman Sebastien Grosjean while Nadal brushed past Korean qualifier Lee Hyung-taik 6-4 6-3.

Federer and Nadal, the world's two top ranked players, have already met in five finals this year and appear headed for another showdown on Sunday.

The Spaniard and Swiss have dominated the Masters Series capturing 12 of the last 14 events, including the last two Toronto Masters.

Playing in his first event since beating Nadal to claim a fourth Wimbledon title, Federer has shown few signs of rust in his return and needed just 67 minutes to sweep past Grosjean to set up a last 16 clash with Russian Dmitry Tursunov.

Bidding for a 40th career title, Federer broke Grosjean at the first opportunity and that was all the advantage he would need to secure the first set.

In the second Federer again scored the early break only to have the feisty Frenchman answer back to level the set at 1-1.

But Federer would not be rattled, sweeping through the final four games to clinch the match and improve his hardcourt record this season to 30-1.

"It was similar to yesterday -- good," Federer told reporters. "I think I played a little more aggressive, I had some very, very good patches.

"I was really pleased the way I played because he is a tough player."


Nadal's victory over Lee was not as polished as Federer's performance but the Spaniard was never under any threat from his 85th ranked Korean opponent.

Also seeing his first action since Wimbledon, Nadal has been slower to shake off the holiday cobwebs and can expect a sterner test in the third round on Thursday when he will take on 13th seed Tomas Berdych of the Czech Republic.

"If he (Berdych) feels 100 percent it is going to be very, very difficult," said Nadal. "I need to play a very good match for a victory.

"Maybe I didn't play my best match today but that is OK. I won, that's the most important thing.

Fourth seed Ivan Ljubicic of Croatia booked his place in the third round with a 7-6 6-4 win over Frenchman Arnaud Clement.

Fifth seed James Blake, seventh seed Tommy Robredo of Spain, Australian 11th seed Lleyton Hewitt and 16th seed Tommy Haas of Germany were all second round casualties.

Blake, the top-ranked American, was swept aside in just 73 minutes by Frenchman Richard Gasquet 6-4 6-3 while Argentine Jose Acasuso needed three sets to tame Robredo 2-6 6-3 6-4.

Hewitt was trailing Sweden's Thomas Johansson 6-3 3-2 when he was forced to retire after re-aggravating a right knee injury he sustained last week in Washington.

Chilean Fernando Gonzalez, the 15th seed, booked his place in the last 16 with an emphatic 6-2 6-1 win over former French Open champion Juan Carlos Ferrero of Spain.

Andy Murray beat British rival Tim Henman 6-2 7-6, confirming a changing of the guard for British tennis. It was the second time the Britons had faced each other and the 19-year-old Scot lived up to his British number one status by improving his record to 2-0 against his compatriot.

|

« Editors、素感。 | トップページ | 休みボケナダル。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104865/11378305

この記事へのトラックバック一覧です: US前哨戦、二強。:

« Editors、素感。 | トップページ | 休みボケナダル。 »