« 見に行きそうな夏映画。 | トップページ | 『コールドケース2』#4、キャッシュサントラ。 »

2006/07/19

『ミディアム』#3、どうにも夫が。

#3: "死の婚礼 A Couple of Choices"

若い夫婦の無理心中事件の裏に隠された連続殺人、
てことで、妹夫婦を被害者の中ににもつ
(一度字幕で、姉夫婦ってなってたような…)
リー・スキャンロン刑事のレギュラー登場。

生き残った夫ティム役のブランドン・キーナーとかいう人は、
自分が死ぬか妻を撃ち殺すか選べって言われた!
ていうテンパッちゃった役がかなりはまってました。
完璧にうまい演技、緊迫感、っていうんじゃなくて、
微妙にアラのあるところがリアルっぽい…。
追い詰められてちょっと神経とんじゃった感じが
よく出てましたね。


そして、なにこの夫婦、超ラブい…。
と呆然とするほど今回も話の主軸は恋人モード夫婦。
アリソンの誕生日サプライズ企画編。
心を読めるアリソンにどうやって
サプライズを仕掛けるか?っていう。

もちろんアリソンは上手を行ってますよ。
でも騙されたふりをする…。愛だ。

アリソン相手に恋の駆け引きって可能なんでしょうか。
やっぱりこんな感じ…?
アリソンの愛あってこそ成立するゲーム…?

それにしてもこのドラマにおけるジョー・デュボアの
あの冴えないセクシーぶりにはまいります。
ハンバーガー食べてるとことか、むやみに好き。

WOWOW HPのキャスト紹介ですが、この写真
うわあ、末娘抱えたジョーの立ちポーズ…。
このドラマで一番異色なのはこの夫な気がする…。
こんな夫が"いい役"なアメリカドラマがあるなんて。
…オチじゃないですよね?


そういえばエンディングの日本用キャストクレジットでは
レディオヘッドのEverything In Its Right Placeが
流れてますが、これは曲といい歌詞といい、
うまいつかい方ですね。
レディオヘッドに関してはときどき、
あんたらがつかうのは違う、ような…って
渋い顔になっちゃうことがあるんですが、
(ユアン・マクレガーの大陸横断とか…?)
今回はうまい。いいチョイス。

|

« 見に行きそうな夏映画。 | トップページ | 『コールドケース2』#4、キャッシュサントラ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104865/11003215

この記事へのトラックバック一覧です: 『ミディアム』#3、どうにも夫が。:

« 見に行きそうな夏映画。 | トップページ | 『コールドケース2』#4、キャッシュサントラ。 »