« 大会6日目、新時代。 | トップページ | 大会10日目、女子セミファイナル。精神力。 »

2006/07/02

大会6日目、新時代、追補。

"Murray Beats Roddick in Battle of the Andys"
って記事タイトルに笑った。
そういえばアンディ対決でしたね…。

まあそんなわけで、結局マレーがストレート・セットで
ロディックを破りました。アンディ対決を制したのはマレー、と。
ラリーがよかったそうですが。

明確なゲームプランを持ってロディックのバックハンドを
突いていったように見えましたが、って言われて、
みんなが知ってるように彼のバックハンドはフォアに比べて弱いからね、
強力なフォア打たれるともっと走らなきゃいけないけど、
って言ってる感じとか、バックハンドのとき、
彼は予想してなかっただろうけど僕は何度かネットに出て…とか、
なんか、マレーのインタヴューって、控え目度が低い…。

偉そうっていうんじゃなくて、みんなが気をつかって
相手のプレーについて口にするとき必ず入れる譲歩文が
少ないっていうか効いてないっていうか。
全仏時放送の60秒質問コーナーと同じような感じで答えてるのかな。
ごくふつうのネガ気質の男の子、微シニカルって感じで。

ほかにも予想通りの大応援団背負ってたマレー、
ロディックが勝てばいいって思ってたのは10%くらいで、
ほとんどは明らかに僕を応援してた、とか言ってます…。
事実そんな感じだったんだろうけど、それ数値にしちゃうとさ…。

バグダティスも結局グロージャンをセットカウント4‐1で下して、
今大会、若者どもがほんとうにがんばってます。
ぼやぼやしてると20、21歳くらいの世代が来年
グランドスラムを席捲するかも…。

さてそんなベスト16が出揃った4thラウンドは以下の顔ぶれ。
Roger Federer SUI (1) v. Tomas Berdych CZE (13)
Novak Djokovic SCG v. Mario Ancic CRO (7)

Fernando Verdasco ESP (28) v. Radek Stepanek CZE (14)
Jonas Bjorkman SWE v. Max Mirnyi BLR

Lleyton Hewitt AUS (6) v. David Ferrer ESP (23)
Marcos Baghdatis CYP (18) v. Andy Murray GBR

Dmitry Tursunov RUS (27) v. Jarkko Nieminen FIN (22)
Irakli Labadze GEO v. Rafael Nadal ESP (2)

ベルディヒは全仏に続きまたフェデラーとですね。
ていうかフェデラーがビルディヒに勝って
次アンチッチにあたったら、全仏とまったく同じ展開じゃん。
是非アンチッチにも無事コマを進めて欲しいものです。

あとはバグダティスvマレーのお友達対決も気になる。
マレーにはほんと!ベスト8にいって欲しい!
ほかの英国勢シングルスが敗退した今、期待一身に背負ってますよ。
しかしそれを十代の選手に背負わせなきゃならない英国の
長きにわたる人材不足って深刻。

で、マレー、身長180cmとなってるデータとかあって、
なんか今大会の脚の発達とか見ても
もっとあるんじゃ…と思って調べたら
ところによっては185cmだったり。
まだまだ伸び盛りか、19歳!

|

« 大会6日目、新時代。 | トップページ | 大会10日目、女子セミファイナル。精神力。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104865/10763699

この記事へのトラックバック一覧です: 大会6日目、新時代、追補。:

« 大会6日目、新時代。 | トップページ | 大会10日目、女子セミファイナル。精神力。 »