« にっくきアメリカCD。 | トップページ | 大会1日目、雨か。 »

2006/06/27

Graham Coxonの揺り返し方。

『Love Travels At Illegal Speeds』 Graham Coxon (2006年3月)

Graham Coxonの新作、ようやく買いました。
グレアムのアルバムは作を重ねるごとに
のびのびと気持ちよくなってきてます。
自分のやりたいことがなにかわかって、
それを楽しくやってるんだろうなあ、って感じ。

Kiss of Morning ブラー活動中のころのソロは、ブラーでできないことをやる、
みたいな感じで、必要以上にエキセントリックだったというか。
攻撃的だったような。ほんとはこんなこともやりたいんだ!って
吐き捨てるようなところがあったと思う。
ブラーの中でのグレアムの機能が停止してたようなころに出された
4th『Kiss Of Morning』あたりからナチュラルに楽しい感じに。
Happiness in Magazines そして前作5thの『Happiness In Magazines』はほんとうに
ふつうの、ていうか良い、ポップアルバムでした。
なんの衒うところもない。

それにしていつもアルバムの状態を非常によく表した
いいタイトル&ジャケですよね!(ジャケットは全部本人作)
ロウなときはロウなタイトル。ふっ切れたときにはふっ切れた!
『Kiss Of Morning』もキュートなジャケットで好きでした。

Love Travels at Illegal Speedsで、今回『速度オーバーで突っ走る愛』と!
ジャケットのふっ切れた色調とともに
かなりの期待をもてる6thは、うーん、
最高です…。
1曲目の"Standing On My Own Again"からもう…!
ああロック。ものすっごいストレートなポップアルバム。

"You & I"なんか素晴らしい。
グレアムまだ引き出しあったんだね!っていうふっ切れ方です。
ほんとうにやりたいことをやってるんだろうなあ。
そしてそれがこのパンクにしてポップ!
やりたいことを素直に表したらこういう形になった、という
グレアムのメロディメイカーとしての天性を見せつけられる
正統派パンクにして非常にポップなロックアルバムなわけです。
傑作…。

今までのキャリアとかもうこの際関係ないです。
ほんとうに素晴らしい出来。
ブラーあんまり、とかグレアム・ソロの最初の方があんまり、
とかの理由で手にしない人もいるのかと思うと、ああもう!って感じです。

これが新人とか2、3作目で出したアルバムとかだったら
かなりの人が食いつく素晴らしさだと思うんですが、
キャリア長い人のソロ6thとかって、食いつき悪いですよね。
なんか今さら、って感じになっちゃって聴かないとか、
ファンの新規開拓って結構むずかしい。
ああほんと惜しい。みんなが聴けばいいのに!

で、今までのキャリアを加味して聴くと、
なんかもう、胸がつまるほど愛しいです。
泣きそうだ…。
"Don't Believe Anything I Say"とかもう!
いやほとんどがそうなんですけど。
"Tell It Like It Is" なんかも。
ふられ男の歌がこれだけポップで美しいメロディで
わたしの胸揺さぶるとは! おそるべしグレアムリリック。

ネガティヴ人間があのときとはもう違うんだ、
って言いつつやっぱりネガティヴ、って調子が。
ラヴソングでの君が僕を変えた、でも君が去って
僕はまたひとりになった、みたいな幸せからの揺り返し、
ポジティヴな決意の中にも自覚的なネガティヴィティがあるところが。
でも、悲しいのはいつもどおりだけどもう不幸じゃない、っていう
新しいスタートをきちんと切れたんだっていう今作の感じが!
この感傷と過去の内省との決別がごった混ぜになった感覚!歌詞!
非常にポップで陽性の曲調と歌詞との背反が
なんかもう愛しすぎる。

今回は歌詞カードもついてます。
やっぱりそこらへんにもグレアムのモードチェンジとか
決意表明みたいなものが表れてるような気がします。
(でもリリックスサイト見ちゃう。Lyrics Mania


ほんと作品として曲からなにからアルバム自体素晴らしいです。
ああ9月のライヴが楽しみだ!
ふだんつかいつけない招聘元だからって
買い逃さなくってよかった!

|

« にっくきアメリカCD。 | トップページ | 大会1日目、雨か。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104865/10694347

この記事へのトラックバック一覧です: Graham Coxonの揺り返し方。:

« にっくきアメリカCD。 | トップページ | 大会1日目、雨か。 »