« 期待のThe Raconteurs。 | トップページ | Flaming Lipsワールド。 »

2006/05/21

会社には無能、『Dilbert』。

やった。ものすごい原始的にリンクを完成。
どうやったらサイドバーにアイコンつきでリンクを貼れるのか
わからなかったため、まるきり闇雲にHTMLタグを
引っぱってきてはURLとかファイル名を入れかえて、
マイリストに無理やり叩き込んでみました。
途中この左のサイドバーに直接小窓が開いちゃって
スクロールバーつきで余所サイトが覗けたり、そのせいか
「このリンクは不正ですよ」画面が出ちゃったりして右往左往。
で、完成。そんなにまでしてなにをリンクしたかったのかって、
なんとなくDilbert.com

もとからかなりの水飲みなのでで一日中水分摂ってるんですが、
最近暑くなってきてさらに飲水量増えてます。
そのほとんどがコーヒーで、1.5L/日くらい?
「わたしの体にはワインが流れている」ふうに言うと、
わたしの体にはコーヒーが流れてんな、と思ってから
だれかそういう人いたよ、と思いつきました。

アメリカの3コマ・マンガ『Dilbert』における同僚アリスです。
オフィシャル紹介が以下。
「アリス
ディルバートの同僚、唯一の女性エンジニア。常に働きすぎ。
彼女の心血管系にはほとんどコーヒーが流れている。
同僚どもの愚昧さに直面するとすぐキレる。
批判にうまく対処できない。」

あーなんか親近感。心が狭くてすぐキレる、とか。
働かないけど。

これ、『The Office』と同じように好きです。
会社の中にはクズばかり、という世の真実が。
愛すべきバカの代名詞ディルバートとそのアホな上司、
怠惰な同僚、邪悪な人事部長(なぜか、猫)など、
低調なノリと皮肉なユーモアで無能かつ卑劣にやり込めあうところが。

こういうのすごい好き。
(1)http://www.dilbert.com/comics/dilbert/archive/dilbert-20060420.html
(2)http://www.dilbert.com/comics/dilbert/archive/dilbert-20060423.html

(1)
「みんな私の企画がうまく働かないって思ってるんですけど。」
「君の企画にはウォリーを担当にしよう。彼がまさにうってつけだ。」
「彼が問題解決するから?」
「彼も働かないからだ。」

(2)
「君の経営実績は最悪だ、残念ながら君を最小化しなけりゃならん。」
「最小化? 削減てことですか?」
「削減するのは非管理職だけだ、
「底ぬけに最悪な管理職どもは最小化だ、ついて来い。
「君の新しいオフィスは冷蔵庫の野菜室サイズだ。
「直属の部下はつかず、肩書きは『不必要・特別企画責任者』だ。」

「最大化できることはあるんですか?」
「だれかほかの管理職が屋根から飛び降りればあるかもな」
「君の言うとおりだ、ここからの見晴らしは壮観だね!」

って、全然通じないですね。なにがおもしろいんだか。
そんなわけでムダに長々時間かけて、左にリンクつくってみた。
1日1ディルバート。

|

« 期待のThe Raconteurs。 | トップページ | Flaming Lipsワールド。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104865/10164898

この記事へのトラックバック一覧です: 会社には無能、『Dilbert』。:

« 期待のThe Raconteurs。 | トップページ | Flaming Lipsワールド。 »