« 『ロッキー・ホラー・ショー』問答無用のロック・ミュージカル感想。 | トップページ | 3月の鑑賞映画メモ »

2006/03/27

全仏が気になる。

もうそろそろ全仏オープンが気になってしょうがありません。
なにが、って、フェデラーvs.ナダルが!

今月頭に行われてたドバイ・オープンで、
ナダルと決勝であたることにプレッシャーを感じるか?
と決勝前日のインタヴューで訊かれ、
「一晩中心配でたまらないね」なんてジョークをとばしてたフェデラー、
まんまと負けてりゃ世話ない。


で、思い出したように
Nadal battles back to end Federer's proud record」て記事から。

ばかみたいに直訳で、ところどころ超適当。


“ドバイ・オープン決勝においてラファエル・ナダルはタイトルホルダーのロジャー・フェデラーに対し2-6, 6-4, 6-4のスコアで予想外の勝利を収め、彼のハードコートでの56連勝記録をストップさせた。

第1セットで挑戦者を圧倒したあと勝利は決まったように見えたグランドスラム3タイトルの王者に対し、 19歳の仏オープン優勝者が得た驚きの勝利だった。

この勝利でナダルはスイスのスーパースター相手に4戦3勝となった。

しかし深刻な足の怪我による3ヶ月間の休みのあと、たった2回目のトーナメントにおいて彼がこれだけの力を発揮できたということに驚かされる。ナダルはこの勝利で、完全に復活した。

彼は優勝候補とされてきた男をたたえる前に、コートの脇で仰向けに寝転がり泣いた。

「ロジャーに勝つのは特別なことだよ。すごく嬉しい。ここ3ヶ月苦しい思いをしてきたから少し泣いてしまった」

「僕は(その故障の間)何度も泣いた。だからこの復活は僕にとって特別だよ。だからコントロールなんてできるわけないよね」

フェデラーはそのスペイン人が上手をいっていたことを認めた。

「僕は攻撃的で、彼は堅実なプレイだった」ワールド・ナンバーワンは言った。

「今でも自分のプレーには満足してるけど、僕はいくつかミスをしたし、ラファの方がいいプレイヤーだった。それは彼のすごい努力によるものだし、僕らは素晴らしいライバル関係になっていくと思うね」

彼自身がワールド・ナンバーワンになれると思うかと訊かれ、ナダルは「まさか!僕には全然チャンスなんかないよ。僕にとって彼は信じられないくらい素晴らしいプレイヤーだ。この復帰を続けていくだけだし、僕はただそれで充分幸せだよ」

ナダルの勝利は最初の30分ではあり得ないように見えた...

(以下試合経過なんで略。)”


しかしナダルはほんと、すごい。
フェデラー相手に4戦3勝って。
これも充分レコードだと思います。

この対戦のなにがたのしいって、フェデラー負け時の
必殺技、僕に勝てるなんてキミすごいよね、的
相手の健闘たたえが拝めるってことです。
王様ぶりにもほどがある…。

ナダルはナダルですごい謙遜してるし。
あんたらほんとにいいライバルだよ!

そんなわけでナダルが光り輝くクレイコートでの対決が
待ち遠しいです。願わくばナダルのランクがこのままで、
トップ・ハーフのフェデラーに対し、ちゃんと
ボトム・ハーフのシードにわかれてくれますように。
そしてちゃんと勝ち進んで決勝であたりますように!

|

« 『ロッキー・ホラー・ショー』問答無用のロック・ミュージカル感想。 | トップページ | 3月の鑑賞映画メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104865/9275804

この記事へのトラックバック一覧です: 全仏が気になる。:

« 『ロッキー・ホラー・ショー』問答無用のロック・ミュージカル感想。 | トップページ | 3月の鑑賞映画メモ »