« 『アナザー・カントリー』思い込み感想。 | トップページ | 希少価値ホラー・ヒーロー »

2005/12/04

雑然と映画絡み。

気にしてる映画いくつか。

『プライドと偏見』本気でこれ、この邦題でいくんですか?

ゴロ悪過ぎです。『高慢と偏見』でなんでダメなんでしょう。いいタイトルなのに。
BBCドラマとの混同を避けるためとか?
自負と偏見でもいいけど、日本語であわせるか、いっそ
プライド・アンド・プレジュディスにしちゃえばいいのに。思い切って言い難く。

ところでこの映画のキャスト、何べん画像見ても
ダーシー役のマシュー・マクファディンって本気ですか?って思います。
エリザベス役、キーラ・ナイトレーはいいんです。すごくいい。
わたしの原作イメージはBBCのジェニファー・エールのように裏でほくそ笑む感じより
きっぱりはっきり辛辣なこと言って遠慮なく笑っちゃうような娘なので、
キーラの活発さはいい感じです。
それに対してマシュー・マクファディン、このしょぼくれた感じはなんなんでしょう。
おっさんじゃないですか!
こんなダーシー、完璧リジーに負けます。

ダーシーは高慢さの陰にかくれた不器用さが乙女心を乱打する
ハンサムガイなのに、マクファディンは見たまんまダメ男の感が。
ダメ男がうっかり不器用に憎まれ口叩いたら根にもたれた、
ダメ男だからその後の修復も一向にうまくいかない、
誤解も濡れ衣もはらせないダメ男、でも一途さと不器用な親切さで
硬い乙女心を溶かす、みたいな。(それはそれでときめくのか)
リジーとの舌戦なんてあり得るんでしょうか。
尻に敷かれますよね、どう見ても。

まあ見てないんでなんとも言えませんが。
ミスター・ダーシーと言ったらコリン・ファースを指すこの世の中で
ダーシーを演じるだけでも立派でしょうか。
出来栄えの気になるところです。
あと、ものすごく乙女心を優しくつつくビングリー&ジェーンカップルがどうなるのか。
写真見る限り、ジェーンにがっかりしそうな気がしてならない。
(この役者達がリアルに付き合い始めてるらしい。まじで?)
ていうかあれ、BBC版のキャストほとんどが完璧にはまってたので
今回不安だらけです。ウィットと冷笑を毒舌にのせて
キュートにひらめかせるベネット・パパのドナルド・サザーランドも!

『ナルニア国物語』
映像が日本のテレビにも出てきましたね。来年3月ですか。
別に今のところ、内容的にツッコむところ何もないんですが、
ひとえにディズニーはやめて欲しかった、というのが
映画化を知って以来の感想です。
ディズニーのあの偽善根性にかかったら、
どんな名作もディズニー節にまとめられてしまいます。
あー不安。

あと全然見る気ないんですが、『Memoirs of a Geisha』のチャン・ツィイーに退きまくり。
よりによってあんな怖い女とは!そして邦題『SAYURI』とは!

あとはうわさ話。
近いうちにスミス夫妻見に行くつもりなんですが、
ブラッド・ピットがアンジェリーナ・ジョリーのとこの子の
共同養父みたいになる気ってほんとですか。
別れた後は養父母間での親権争いとかあり得るんでしょうか。

アンジェリーナ・ジョリーといえば、新ジェームズ・ボンド、
『トゥーム・レイダー』における小悪党アレックス君のダニエル・クレイグって
これもマジですか。これにはほんと、びっくりさせられました。
いまだ信じられません。あの小物感!
コネリー御大がOK出ししたそうですが、わたしは相変わらずびっくり状態です。
ミスター・ダーシー以上にどうなんだ、それ、と。

ところで今一番の悩みは
『バットマン・アンソロジー コレクターズ・ボックス (初回限定生産)』
これをどうするかです。買うのか。
…もう少し冷静に自分のマニア度を見極めたいと思います。

ひとまずクリスチャン・ベールの未見作品、いくつか注文してみました。
いつ届くのかいまいち謎ですが、おとなしく待ちたいと思います。
無事年内に届いたら、年末年始企画はクリスチャン・ベールで倒れようかと思います。
幸福感に満ちた正月だ。

|

« 『アナザー・カントリー』思い込み感想。 | トップページ | 希少価値ホラー・ヒーロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104865/7330088

この記事へのトラックバック一覧です: 雑然と映画絡み。:

« 『アナザー・カントリー』思い込み感想。 | トップページ | 希少価値ホラー・ヒーロー »