« | トップページ | 『エクスカリバー』不忠義感想。 »

2005/12/27

マック取違え。騙され。

マックでドリンク、「コーヒー」て言ったんですけど、
Mサイズカップの冷たそうな飲み物が袋入ってまして。

ホットのつもりだったけどアイスコーヒー?
それにしてはガムシロないし、「コーラ」って聞こえちゃったかなと思いつつ
注文結構どうでもいいんでそれ持って帰りました。

中見たら液体の色薄いんで、「紅茶」って聞こえた?
でもやっぱガムシロないね、袋に入れるとき取違えちゃったかな
と思って飲んだんですけど、どうも、……爽健美茶?
眉間に皺。

コーヒーと爽健美茶は、遠いですよね。
ものすごく遠い。聞き違えじゃ辿り着かない。

なんか思ったのと違うものがきたんで、ずっと頭ぐるぐる回しながら
原因とか中身とか推測してたのに、それは無理だよ、って。
がっかり。何重にも騙された…。
やっぱ単純な取違えで袋詰めちゃったんですか。
コーラとか入れててくれた方がものすごくすっきりしたんですけど!


ところで『博士の愛した数式』って邦画、
あるじゃないですか。寺尾聰の。
あれと『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』のイメージがごっちゃになってですね、
『博士の愛した…』って聞くたびに頭の中で
アンソニー・ホプキンスが微笑むんですけど。

毎回勝手にものすごいダメージ。
私の頭の中のハカセ。

|

« | トップページ | 『エクスカリバー』不忠義感想。 »

コメント

名前がアンソニーまたはカボチャのパンプキンと聞くと何故かドクテル・レクテル氏が頭に浮かぶのですが、博士には違いありません。「微笑み」の意味は大分違いますね。

『フィムファールン』の装丁と挿絵が一枚だけこちらのサイトで見られます。
偶然見つけたのですが少し遅すぎました。こんなサイトもあるのですね。絵本関係は油断できません。チェコの音楽CDなんかもここ3年ぐらいの間に大分流通しているんですね。

自分が持っている版もこれと同じものです。日本の絵本と交換したもので自分の大切なものの一つです。
掲載の画像は「恐いもの知らずのフランフ」からです。よろしければ折角なので以下どうぞ。
http://www.pavilion-b.com/czech/ec-7.html

投稿: 南方 | 2005/12/28 12:41

ありがとうございます! 見てまいりました。
絵本がもっている特別の情緒にはいつもドキドキします。
この残酷さとユーモアの入り混じった感じがたまりません。
日本の絵本と交換というところには、何か素敵なエピソードがありそうです。

ドイツのアマゾンには取扱いあるようですが、送料が惜しくて踏み切れません。
(送料とか価格を気にしなくなったら終わりかと。わたし破産確実。)
国内で絵本とかチェコものがもっと手に入りやすくなるといいんですけど。

投稿: kishi | 2005/12/29 13:17

アマゾネス以外でも海外商品を代行して扱っているところは結構ありますね。だいたい2割増し。しかも相手は送料浮かせたいから船便で発注なんてことも。2ヶ月くらいかかってしまいます。
デジタル決済には未だ踏み切れません。何処の国でもID代わりになっているのは理解できますが。日本の通販も便利だからとまんまとその手に乗ってしまうのもシャクなので手間隙・足を使っています。だってその場に行けばずっと安いんですから。現物もじっくり見て手にも取れる。などと言い訳をしつつ誘惑にも屈している昨今、一時期、チェスの駒やら、古い歴史のボードゲームをUSアマゾンで物色していました。ニュースにもなっていたので試しに。気晴らしに、ブツブツ・・(中欧の絵本はどっかの人が勢力的に翻訳しているので最近良く出回ってきてます。一部ファン層が厚いのでしょうね。みんな目ざといなぁ)。

記事のピッチが上がってきましたね。
エクスカリバーですか?
公開当時のデザイン(ジャケット?ポスター?)が好きでLDで見つけましたよ。当時理解できませんでしたが、少し前に見直して見ました。ところでナルニアがリストにありますが、ミシェル・ペイバーさんのウルフ・ブラザー(Chronicles of Ancient Darkness。邦訳本の題は確か狼族の少年でしたか?)はいかかがでしょうか?公開情報などはもうぼちぼち始まっているのだろうか?kishiさんのここへ遊びに来ると知らない映画ばかりなので・・もっとアンテナを張らねば!長くなりましたがこの辺で。ではよいお年を。

投稿: 南方 | 2005/12/30 00:26

近頃すっかりオンライン通販です。
出掛けて行ってゆっくり好きなものを見てまわれると
素敵なんですけど、どうにも時間と心に余裕が足りません。
ネットでサクッと通販。引きこもり生活の始まりですね。

『オオカミ族の少年』は残念ながら未読です。
子供の頃に読んだもの以外、どうにもファンタジーとか
児童書には疎めです。最近のブームにあきらかに乗り遅れてます。
ナルニアの公開控えて、ちょっと童心に帰ろうかと準備中です。
そして御存知ない映画というのはおそらく知らなくて一向に構わないような
ものばかりだと思われます。あほ映画ばっかりです。
アンテナはどうぞ今までどおり正しい方向で…。
今年はいろいろ情報をいただきありがとうございました。
それではよいお年を!

投稿: kishi | 2005/12/30 15:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104865/7857626

この記事へのトラックバック一覧です: マック取違え。騙され。:

« | トップページ | 『エクスカリバー』不忠義感想。 »