« 映画減。と、ほか目標。 | トップページ | 『おとぼけオーギュスタン』横ズレ感想。 »

2005/12/15

スター・ウォーズグッズめ。

http://www.blister.jp/item3385.html
BLISTERでお見かけした、ルーク・スカイウォーカー、
12インチフィギュアがめちゃくちゃ欲しいんですけど。
お値段予約特価で7,540円。

「皆様画像をご覧になればその出来は納得。まさに本物と見まがうばかり、旧三部作を通じジェダイとして成長した証し、表情に刻み込まれた年輪まで見事に再現されています。」

て。年輪…。皺つきですよ。
リアル…。
ジェダイローブも着脱可かあ…。
「コスチュームも抜かり無く」ってほんと、抜かりねえ…。


いやほんと、『スター・ウォーズ』の旧トリロジーが好きで、
子どものころのわたしのヒーローといえば
ルーク・スカイウォーカーでした。
でもあこがれのヒーローとかじゃなくって、等身大タイプとして。

たとえばスーパーマンとかも子どもの頃見てましたけど、
あれはまあ、クラーク・ケントの年が年だってこともあって、
自分と同一視するタイプのヒーローじゃ全然ないですよね。
むしろ抱えて飛んでもらうロイス的ヒロイン側視点で
見るヒーローなんじゃないんですか。

それに比べるとルークはなんていうか、
がんばって!ほんとがんばって!って常に味方して
肩叩いてやりたくなるような、仲間感覚のあるヒーローで、
しかもあんまり迷いがなくって清廉潔白という。
なんて子どもにオススメな。


スター・ウォーズで、ストーリーの深みがどうとか、
人物の描き方がどうとかいう批評って、言いたくなるのは
わかるけど(確かに浅いから)、的外れなんですよね。

あの底の浅さが愛されてるんですもの。
映画内で描かれる悩みも迷いも僅かで表面的で、
あとは自分で補完したまえよ、と言わんばかりの。
そういう、あの素っ気なさにこそ、
ドラマ性が潜んでるんじゃないんですか。

つまりスターウォーズは参加型なわけで。
映画だけじゃ全部はあたえてくれない。
あとはルーカスの世界設定を読み解きながら
(好きなサイド・ストーリーだけを採用して)
自分で隙間のストーリーを埋めていく。
昔のRPGってそういう感じじゃなかったですか。
今みたいに全部キャラができあがってるんじゃなくって、
展開しか用意されてない中で、自分で
キャラの感情の隙間を埋めていくという。
その能動作業で、気がつくとばかみたいに泣けるという。
やる気が求められますね!
だからこそハマると抜けられないSW教。


http://www.blister.jp/item3442.html
あとこれ、これですよ! イウォーク!!
これ見て欲しくならない人間がいるのか?!(たくさんいると思う)
かわいい…。最強。
35,000円はダテじゃない。(さんまんごせんえん…!)

|

« 映画減。と、ほか目標。 | トップページ | 『おとぼけオーギュスタン』横ズレ感想。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104865/10092388

この記事へのトラックバック一覧です: スター・ウォーズグッズめ。:

« 映画減。と、ほか目標。 | トップページ | 『おとぼけオーギュスタン』横ズレ感想。 »