« 希少価値ホラー・ヒーロー | トップページ | 『ヒッチャー2』殺人鬼ダメ出し感想。 »

2005/12/06

ベイル、ごく普通に賞を逃す。

遅ればせながら確認しました。
うっわ、"THE EUROPEAN FILM AWARDS 2005"内の
"THE JAMESON PEOPLE’S CHOICE AWARDS 2005"、
"Best European Actor"をよりによってオーランド・ブルームにもってかれた。
よりによって『キングダム・オブ・ヘブン』で!

ほかの人なら別にいいんですが、オーランド・ブルームに負けたと思うと、
クリスチャン・ベールが獲れなかったことが惜しく思えるわけです。
とかいってファン投票でオーランド・ブルームが獲り逃す可能性の方がまずないですね。

つうかあれ、ヨーロッパ映画だったんですね。
リドリーのマッチョ主義に騙されてハリウッドものだと思ってた。
この賞の「ヨーロッパ映画の魅力を、文化的・商業的に欧州外に広める」って目的、
今回のべスト・アクターでは果たせてません。
ベスト・ディレクターとアクトレスは
『ゾフィー・ショル-最期の日々Sophie Scholl - die letzten Tage』
だったそうなので、これは正しいですね。

『マシニスト』でノミネートされてたクリスチャン・ベールはどうなんだというと、
役者としては最近あんまりヨーロッパ的価値ないですが、
作品としてはスペイン製作の雰囲気とキャストが活きてたと思うんで、
ノミネート自体はよかったんじゃないかと。

まあいいんじゃない。地元カタロニア映画祭では最優秀男優もらってんだし。
と慰めてみる。
ていうかこの先賞もらえることがなさそうな立ち位置が心配なんです。
ベイル、あんた便利に使われてるだけなんじゃ!

そういえば『The Prestige』の役名出ましたね。
まだジャックマンに負けることを確認したくないんで、深くは探りません。
(希望を捨てられないんだ)
そういえばキャストにジュード・ロウの名前が上がってたことについて、
「ジュード&ベイル見たかった。でもベイルがジュードに置換されてるってオチだったり」
なんて前に書いたわけですが、冷静になれわたし。
ジュードからベイルに役が回ってくるわけないだろ、ジュード→ジャックマンだろ!
ってごく冷静になりました。ジュード&ガイ・ピアースが候補だったことを知って。
ああ、ピアース→ベイルね。頬のラインとかね。同じキャラできますよね。
ベイルについて白昼夢見過ぎです。目を覚ませ自分。

|

« 希少価値ホラー・ヒーロー | トップページ | 『ヒッチャー2』殺人鬼ダメ出し感想。 »

コメント

はじめまして。
オーランド君って、賞獲れるんですね!ビックリ!
なんかの陰謀でしょうか?

クリスチャン君は狙ったと思いますが、普通に逃してしまいましたか・・・やっぱりな位置が原因ですかねぇ。なんだかポジション微妙ですもんね。ファンの私も、そう思います。
ピアーズ→からの流れも妙に納得。

投稿: taro | 2005/12/06 18:31

はじめまして。コメントありがとうございます。
オーランド・ファンの陰謀だと思います。ファン投票では取り零しのない男です。
去年のセクシー英国俳優大賞だったことを忘れてました。

クリスチャン・ベールは実際のところ『マシニスト』のために
今後の受賞関係、遠のいたんじゃないかと思います。
この先何をしても誰も驚いてくれないと思うので。
立ち位置微妙なのはやりすぎる本人のせいかとは思うんですけれども!

投稿: kishi | 2005/12/07 01:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104865/7488216

この記事へのトラックバック一覧です: ベイル、ごく普通に賞を逃す。:

» クリスチャン・ベール様がぁ・・・ [まだまだ眠れない!!]
30Kg近くの減量ってどうやるんでしょう? シャープなお顔立ちのクリスチャン・ベールが、極限までの減量で挑んだ「マシニスト」 彼の痩せざまは、本当に「生きてるの!?」と思うくらいショッキングでした。 「アメリカン・サイコ」の冒頭で見せたシャワーシーンの彼は、締まっていてカッコイイ男らしく美しい体だったのに・・・まさに入魂の役作り{/hiyo_cry2/}{/ase/} マシニストアミューズ... [続きを読む]

受信: 2005/12/06 18:35

« 希少価値ホラー・ヒーロー | トップページ | 『ヒッチャー2』殺人鬼ダメ出し感想。 »