« 『バスケット・ケース』粘土感想。 | トップページ | 一週間留守。 »

2005/11/06

オムニバスの失敗『SHORT 6』

『SHORT 6』
ショート・フィルム6本入り、そのうち1本がクローネンバーグの
監督・脚本ということで。

て、これ、酷いな!
いや酷いのはこのDVDが。
最初、よくオムニバスとかショート・フィルムってオチもなければ
起承転結もないイメージフィルム入ってたりして辛いよねー、
とか思いながら見てたんですが、そういう問題じゃなかった。超えてた。
いくらなんでも闇鍋すぎるだろう、これ。
とてつもなく苦痛な、かけ離れたフィルムがごた混ぜに入ってます。
でもこの場合悪いのはフィルムつくった人じゃないです。
もっと見る人のこと考えたセレクトしようよ、っていう
こんなムチャなオムニバス形式にした人の責任です。
どう考えてもこれとこれ好きな人はどこにもいないだろう!っていう
珍奇な組合せに溢れてます。いやあ参った。

どれだけ酷いかはもう、見ていただくしか。
慰められることに、好きな作品もちゃんとありました。

『MUSIC FOR ONE APARTMENT AND SIX DRUMMER』
スウェーデン
監督その他:オーラ・シモンソン、ヨハンネス・シューネ・ニルソン
留守の人のアパートにゲリラ的に上がりこんで、ミキサーだとか
戸棚だとかつかって演奏を始める6人組。
キッチンから始まって寝室、バスルーム、リヴィングと場所を移し、
そこら中のもの使ってずっと演奏し続けます。
わりと曲が聴きやすかったのと笑い要素があるので楽に見れました。
寝室ではベッドに寝転がるメンバー。妻用のスリッパに足をねじ込んで
薬のタブレットをプッチンプッチン部屋中にばらまく男。
そしてドレッサーからアトマイザーをとって両手でリズムよく自分に吹きつける男。
寝室を出るときにベッドカヴァーを引っぱって整えて行きますが、
もうそういう問題じゃない。やりたい放題。
次のバスルームがすごい。緑と赤のペア歯ブラシに歯磨きつけ、
自分の口の中でリズムよくシャッカシャッカ言わせる男。
人の歯ブラシで!歯を!
リヴィングでは書棚の本を2人がかりでバッサンバッサン床に叩きつける。
もうノリノリ。といっても曲はそんな激しくない。
品行方正なテクノといった感じ。ジャケット着た平静な顔の
兄さん姉さんがやってるところが珍妙。
やってることもそんな激しいわけじゃなくて、ただ自分んちを、他人んちを、って
考えるとおそろしい…。ゲリラだ。
ポップでこれ結構好きです。オチも利いてる。

『THE PERIWIG-MAKER』
1999年・ドイツ
監督:ステファン・シェーフラー、脚本:アネット・シェーフラー、
原作:ダニエル・デフォー、鬘職人(声):ケネス・ブラナー
ペスト流行下の17世紀ロンドンを舞台にしたパペット・アニメーション。
人がバタバタ死んでいく中、少女との関わりを通して鬘職人の
生と死の意味、見え方が変わってくるというような話。
素晴らしいですね、人形アニメでこれだけのものができると。
だって指先震えてますよ!
でもここまでリアルになると、なんで人間でやらないの、と逆に
つっこまれそうだ。世界観の問題ですよね。
ケネス・ブラナーのナレーションがまたいい。どうもこういう
ソフトな英国しゃべりに弱い。
めずらしく物語としてきちんとまとまっている短編でした。
人形アニメとしての雰囲気が活きてます。

『CAMERA』
2000年
監督・脚本:デヴィッド・クローネンバーグ、老俳優:レスリー・カールソン
老俳優が、子ども達によって家に持ち込まれた古いカメラに
自分の老いや死のイメージを重ねる話。
白い自然光の中で、老俳優がドキュメンタリー風の
もう一台のカメラに向かってカメラ、自分、老いの話などを独白。
いざライトが整えられて子ども達にカメラを向けられ、先ほどの
独白の冒頭を再びなぞって演技をしようとする老俳優氏の演技、
それがなんかやけに哀切。ループするつくりとライティングが効果的な、
静かに哀しいというそのままの話。
クローネンバーグはてらいも狙いもないので、なに撮っても素です。
ところでこのテーマ、クローネンバーグの寄る年波、というものが
反映されているわけで、昨日に引き続き心配になりました。
70になってもがんぱってくれるよね? 70過ぎても天然内臓バカですよね?

|

« 『バスケット・ケース』粘土感想。 | トップページ | 一週間留守。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104865/6920474

この記事へのトラックバック一覧です: オムニバスの失敗『SHORT 6』:

» 元気を出して歩いていこう☆ [元気☆]
よかったら見てください☆ [続きを読む]

受信: 2005/11/06 04:03

« 『バスケット・ケース』粘土感想。 | トップページ | 一週間留守。 »