« 10月の鑑賞映画メモ | トップページ | 『ヴェニスの商人』本・感想 »

2005/11/02

敵・シュガーレスのど飴

毎日たらふく食っていますが、ランダムに血糖値が下がって
手が震えることアル中のごとしなので常に飴を携帯してます。
ハッカとか好きなので大体のど飴です。
プラス携帯しやすいのでスティック状のパックのやつです。

で、飴におけるシュガーレスの意味がわかりません。
(飴以外でも。チョコとか紅茶とか。シュガーフリーって。)
飴なめるときって、糖分補給して気分リフレッシュ!
とかじゃないんですか。なんだカロリーゼロって。

低血糖防止のために持ってるはずのおばあちゃんの飴を
確かめてみたらシュガーレスだった、みたいな話を聞きますが、
シュガーレス、そのうち人死にを出すと思います。

そんなわけでわたしの敵は大手の中ではティカロです。
あいつら出すのはシュガーレスばっかりだ。
飴には糖分入ってないに越したことはない、と言わんばかりです。
誰もが美容とダイエットに気をつかってると思うな。
しかものど飴業界でかなり大手なのでティカロを避けて通ると
かなり選択の余地が縮まります。コンビニでは3種類くらいだ。
駅キヨスクはもうちょっといろいろあるので、駅購入を心がけてます。

え、角砂糖でもかじってろって? そうっすね、角砂糖とか
氷砂糖かじったことも結構ありますが、誰かスティック状の
角砂糖11コ入り105円とかつくってコンビニで売ってくれませんか。
“シュガーフル”つって。そしたらそれでいいです。
いやそれにミントフレイバーとかつけてくれたら最高ですが。

|

« 10月の鑑賞映画メモ | トップページ | 『ヴェニスの商人』本・感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104865/6861510

この記事へのトラックバック一覧です: 敵・シュガーレスのど飴:

« 10月の鑑賞映画メモ | トップページ | 『ヴェニスの商人』本・感想 »