« ベイル日誌。 | トップページ | 『フォロウィング』敬服感想。 »

2005/11/22

ベタoasis。漫然とライブ感想。

今までに寄る年波を実感した瞬間といえば
再結成したスマッシング・パンプキンズがフェスに出演した場合
注目の若手バンドよりスマパンを取ってしまいそうだ、
と自分の非現役感を実感したときと
オアシスを素直に好きだ、と思った瞬間ですが、

そんなわけでオアシスライヴに行って参りました。

モニターもないし、顔も表情もなにも全く見えないくらい遠くからだったんですが、
どうもそのくらいが丁度よかったらしいです。リアムが太ったとか
老けたとかノエルが縮んだとかギャラガー兄弟が中川家みたいだとか
リアムの不機嫌なお得意顔だとか間奏中のカッコいいんだか悪いんだか、
(たぶん悪い)なキメポーズだとか、要らんことに気をとられずに見られました。
でもやっぱり、マイクの位置がどんどん低くなってきてるんじゃないか?
ってことには気をとられました。

中身は王道のベタセットリスト。

イントロ「Fuckin' In The Bushes」に続いて頭から最新アルバム
『Don't Believe The Truth』の「Turn Up The Sun」ときて「Lyla」。 さすが。
『Morning Glory』以来の傑作か?って言われてるのもわかる、もう名曲入りしそうだ、
と思ってたらいきなり遡って「Bring It On Down」「Morning Glory」「Cigarettes & Alcohol」

フェスでヒットメドレーになるのはわかるんですが、
今回のこれは一応新作ツアーじゃなかったんですか?
3曲目からいきなりですよ。4曲目なんかに「Morning Glory」ですよ。
盛り上がる。このサービス精神! 
ていうかオアシスはほんとうに彼ら自身が音楽ファンなんだと思います。
だから古い歌を歌わないとか俺達の今の曲を聴け、とかミュージシャン特有の
自分との戦いがない(単に俺様な可能性あり)。作り手であって同時にロックファン。
いい曲はいつ聴いてもいいし、いつ歌っても気持ちいい。
そこらへんの気持ちがファンと共有されてるからこそ
稀代のスタジアムロックバンドなんだと思います。

で、ノエル、「The Importance Of Being Idle」ときて、
「The Masterplan」!! ギャー!
ほんとノエル大好き。オアシスはリアムの歌声によるところが大きいとわかってますが、
もしノエルがソロでやっていたら多分オアシス以上に、ていうか
屈折した気持ちなく本気のファンになれていた気がします。

「Songbird」「A Bell Will Ring」「Aquiesce」「Live Forever」
もう大合唱。ていうか隣の兄さんが大熱唱。
彼らにとってリアムの歌声はグルーヴの利いた気持ちのいい伴奏のひとつのようです。
わたしも「Live Forever」歌いましたが。
ベタなファンなので、これがベスト3に入るくらいで好きです。
この歌いだしのフレーズ“Maybe~”は94年のファーストらしい
みずみずしいポップさに溢れていて永遠の青春名曲です。

で、またノエル兄さんの「Mucky Fingers」
「ウッパー」て聞こえる部分で、かわいい、って呟き起こってましたよ。
ノエルコールの合間に「お兄ちゃん!」って声が聞こえるのが
日本におけるノエルの位置づけをよく表してます。

ここからがまたベタ。
「Wonderwall」「Champagne Supernova」「Rock 'N' Roll Star」
シメにかかったのが明かな、このリスト。
予定調和って素晴らしいですよね。「Rock 'N' Roll Star」の
“Tonight I’m a rock n roll star”ってところを聞くたびに
あんたはeverynight ロックンロールスターだよ、って笑っちゃいます。
でもこのファースト当時はほんとに素直な気概でもって書かれた曲なんでしょう。
だからこそ微笑ましい。今でも。

アンコールは「Guess God Thinks I'm Abel」「The Meaning Of Soul」
で、「Don't Look Back In Anger」
このタイミングでリアムが横に引っ込んだ時点で、ええもちろん。
隣でくるぞ、くるぞ、とばかりに「Don't Look Back、Don't Look Back...」って
呟いてる兄さんがいましたが、いや誰もがわかってるから、それ。
言わなくても大丈夫ですよ。
で、やっぱりの大合唱。兄さん大熱唱。してたと思うが、
実のところわたしも熱唱してたんでわかりません。
シメは「My Genaration」。愛するTHE WHOの名曲。
わたしの心の60年代ベストグルーヴ。
これを歌ってるロジャー・ダルトリーは最高ですが、さすがのリアムは
何をカヴァーしてもリアム節。ロジャーを思い出す余地なく楽しませていただきました。

そしてアウトロ、ビートルズの「Let It Be」。絶句。もう何も言いません。
気持ちよく帰らせていただきました。

今回はMCなしにさくさく進み、リアムの東北弁で悪態をつかれるハラハラ感を
あまり味わわなくてすみました。(全くではない)
たのしかったです。大満足。

|

« ベイル日誌。 | トップページ | 『フォロウィング』敬服感想。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104865/7258963

この記事へのトラックバック一覧です: ベタoasis。漫然とライブ感想。:

« ベイル日誌。 | トップページ | 『フォロウィング』敬服感想。 »