« charlatans節。 | トップページ | 共演、ていうか、同じ人間 »

2005/10/02

悪ふざけ再度?

four_brothersウォルバーグ絡みで気にしてた『Four Brothers』、
監督がジョン・シングルトンだったってことに今気づきました。

ダメじゃん! まったくもって超ダメじゃん!

シングルトン、この人はここ1年くらいの間にわたしが見て
最もつらかった映画、『Shaft』の監督です。

この映画全編通じての、何?なんかの悪ふざけなの?っていう
うっとうしいヒーロー観。ちっともわからない美学。ばかばかしい展開。
あとでDVDおまけ見て、これが昔のドラマのリメイク、オマージュだってわかって、
すごい納得。ああ、内輪ウケ!っていう。

あのシャフトをやれるなんて最高だよ、
あのサミュエル・L・ジャクソンと一緒に演技できるなんて光栄だわ、
みたいな、それって見てる人にとってどうなんですか、っていう。

思い出しても観客無視の内輪ウケ、仲間だけが楽しいひとりよがりっぷりっつうか
内輪よがりっぷりに困惑ぶり返すある意味傑出した出来だったんですが、

その監督の『Four Brothers』って超ダメじゃん!
ものすごい不愉快なマッチョ・ヒーローものな気がしてきました。
やっばい。おっそろしい。
それでもうっかりウォルバーグのために見てしまいそうなところが!
(『Shaft』はベイルのためにうっかり見てしまった)

|

« charlatans節。 | トップページ | 共演、ていうか、同じ人間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104865/6216118

この記事へのトラックバック一覧です: 悪ふざけ再度?:

« charlatans節。 | トップページ | 共演、ていうか、同じ人間 »