« 悪辣パイソンズ。 | トップページ | フランス産サスペンスって »

2005/10/21

『ポカホンタス』

『ポカホンタス』 95年。ディズニーアニメ。
ジョン・スミス:メル・ギブソン
トーマス:クリスチャン・ベール

ベイルが同テーマの実写新作『The New World』に、
ジョン・スミス(コリン・ファレル)の恋敵役で出る、ってことであえて押さえました。

allcinema ONLINEでは、「残念ながら日本では、華やかさに欠ける事や、あまり響きの良くないタイトルがマイナスに働いたと言えよう。」って。

ポカホンタスって語感の悪さから日本ヒットしなかったんじゃないかって、もうそんな問題じゃありません。華やかさ、そっちです。
暗い。話が暗い。それに尽きる。

ディズニーが人種問題とか絡むようなマジな主題のドラマつくっちゃいけません。
そんなこと言いながら白人至上主義とかいやらしい根性透けて見えるようなつくりが
胸くそ悪いというか。やっぱりどうしたってアメリカ至上主義、資本主義・御都合主義。
そんなうわべだけのヒューマニティなんか要らねえよ!って思います。

いろいろおかしげなところも。
唐突に言葉の壁を乗り越えるスミスとポカホンタス。
心の声に耳を澄まして、そうすればわかるはず、みたいなテーマ曲が響いて、
ポカホンタス、いきなり「マイ・ネーム・イズ・ポカホンタス」。
あり得ねえ。そしていきなり未開人(savage)、文明化(civilize)、
なんて言葉も理解してます。自分達を未開人というスミスにご立腹。
違和感ぬぐえません。なんかもう、テレパシストだとか思った方がいいようです。
まあ木のおばあさんなるものがしゃべるファンタジーアニメなので、そんなところに
突っ込んじゃいけないんでしょう。それにアメリカ・アニメだから仕方がないんでしょう。
でもやっぱりそこで英語しゃべるところがカンにさわるんですよね…。

民族を超えた相互理解がテーマのはずの話で、結局安易なつくりにせざるを得ないなら
最初っからそんな重いテーマやんなきゃいいのに、って。
子どもも無理なくたのしく見られる話にすればいいのに。
ていうか、カルチャーギャップ恋愛ものには言葉の壁が欠かせない
ときめき要素だと思うんですが。言葉の通じないもどかしさとか、
それでも深まる気持ちとか。そこをらくらくクリアされてちょっとがっかりってのが
正直なところかも。 期待してたのに!ネイチャーマジックめ!

ああでも、ジョン・スミスのブロンド・青い目・白い歯が光るマッチョな
ヒーローぶりにひいた、ってのが、ほんとの正直な感想かもしれません。
汚いマッチョは許せてもきれいなマッチョは守備範囲外です。
すいません、ディズニー。わたしの趣味が偏ってんです。

ミュージカルシーンも曲調が暗いのであんまりたのしくない。
結局暗い、その一点に尽きてあんまりな映画です。

で、当初の目的に絞ります。

21歳のクリスチャン・ベイルによるジョン・スミスの同僚トーマス。
期待通りというか、期待以上というか。
しょっぱなから荒れた海に転落してくれるマヌケさ。いや期待以上だな。
スミスが飛び込んで助けてくれます。いやらしいディズニー根性です。
情に厚いマッチョヒーローめ。

で、トーマス、間抜け続きです。銃もろくに撃てません。
スミスに「それじゃ当たらない、両目を開けて撃て」って笑われます。
悪役提督には「おまえは青二才の腰抜けだ」とか言われます。おいしすぎる。
クライマックスでいきなり強気になるトーマス。提督を「縛れ」とか言い出します。
その一足飛びに大胆になるところもすごいですが、
目上の仲間に命じてやらせるところもすごい。キレたトーマス。何様だ。

なんかもう、明らかに普段のベイルの役そのままです。
いつもどおり。なので、アニメにも関わらず胸がキュンとなりました。
かわいいです。声だけで充分。ていうかあのボゲボゲ言う
通りの悪い声が大好きです。はっきり言ってベイルにやられてます。
自分で自分が怖いくらいだ。好きすぎ。
なんか一生で一番好きな俳優になりかねない危険なにおいが。するな。
ひとまず『ハウルの動く城』英語吹替え版に、間違いなくときめきそうです。

不平だらけのこの『ポカホンタス』でさえ、まあ見る甲斐あった
(むしろ満足)と思わせてしまう血迷いぶりなので。

|

« 悪辣パイソンズ。 | トップページ | フランス産サスペンスって »

コメント

Make your life more easy take the loans and everything you want.

投稿: RoachElsa22 | 2012/02/13 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104865/6524405

この記事へのトラックバック一覧です: 『ポカホンタス』:

» ポカホンタス [人気キャラクターを探してみよう]
ポカホンタス''競走馬のポカホンタスについてはポカホンタス (競走馬)参照。''''ディズニーのアニメーション映画『ポカホンタス』についてはポカホンタス (映画)参照。''----Image:Pocahontas original.jpg|thumb|1616年のSimon van de Passe...... [続きを読む]

受信: 2005/12/07 12:50

« 悪辣パイソンズ。 | トップページ | フランス産サスペンスって »