« なんだこのヒゲ。 | トップページ | 迷宮ギリアム »

2005/10/07

『KING BROTHERS』 キング・ブラザーズ

キング・ブラザーズはわたしの偏愛国内バンドの中で最も、
実力ないんじゃないかと思います。(失礼)
はっきりいってヘタなんじゃないかと!
でもそれと反比例する勢いでとてつもなく愛しいのもこのバンドです。

がなり系なのでメロディが立ってるわけでもないし、歌唱力がどうこうって問題でもない。
ガレージ、ブルースとしてもちろんかなりいいのは確かですが、
演奏力があるわけでもなけりゃアレンジが飛びぬけてすごいってわけでも別に。
なのにこの全部が合わさるとオニのようにいいバンドです。
この方向性の正しさだけはたがわないオール60点みたいなところが
バランスで総合すると90点超えるんですよ!
不安定な欠点のバランス加減が90点台という珍妙さ。
何よりこの全部をまとめてる倦みきった衝動と感傷がパーフェクトに近い。
退屈、くだらねえ、ってがなる、これが痛いっていうより
感傷的なのがステキポイント。

この他人に薦めがたい総合得点マジック、キング・ブラザーズの
真骨頂が『KING BROTHERS』のM12、「虹と雲」。
このカタルシス。でもなにがそんなにすごいんだかよくわかんないという。
頭の中で思い返して歌ってみても、そうめちゃくちゃ盛り上がる理由は
ないように思えるのに、ただこれが聴いてみると、凄まじくエモーショナル。
つまりこのバンドでしか出せない、乱暴で荒野にぽっかり空虚な感じが
そのまんま出てます。ほんとに名曲。
お薦めできないマイ・フェイバリット、キング・ブラザーズで
いちばんいいのはやはりこのアルバムじゃないかと思います。

|

« なんだこのヒゲ。 | トップページ | 迷宮ギリアム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104865/6295468

この記事へのトラックバック一覧です: :

« なんだこのヒゲ。 | トップページ | 迷宮ギリアム »