« SFA!! | トップページ | 定期的なベイルサーチ。 »

2005/08/28

発想一点主義

『SAW』 注:ネタバレ。注:グロテスク。

ツッコミどころが多すぎて、もはやどこからツッコンでいいのか…。

いきなり最後つっこんでいいすか。
あの、真ん中で転がってたのが起き上がったときには、まさに最前列で見学なのね、
って喜びましたが、考えてみたら7時間も、起きてる人が死体の振りなんか
できるはずないですよね。てことは自分で薬飲んでたのか、とか思いますけど、
どんだけ覚めるタイミングがいいんだ、とか、いくら麻酔とかかけてても
呼吸にあわせて胸上下しちゃってバレるよ、とか、気になって気になって。
どうなってるんですか、あれ。可能なんですか。
いや、細かいことにあんまり言うのはばかばかしいですけど、
オチがすとん、とオチてこなかったら致命的ですよね。

あと細かいことぐずぐず言いますけど、
医師が携帯とろうとしてるときにはヤキモキヤキモキ。
今手に持ってるその箱、裏返して角持ったら携帯に届くよ!
とかシャツ脱いで脚止血する前に、それで携帯引っかけて取れよ!とか、
それ最初に自分でアドバイスしてたじゃん!とか、もう! 

そして銃で狙われたアダム青年はなぜに突っ立っているのか。
伏せたほうが明らかに面積減りますし、つうかその前にバスタブに入れば、とか。
たぶんその医者へたばってて、バスタブに近づいて上から撃つ、なんてこと
できないだろうし。すくなくとも突っ立ってるよりは3倍くらいはマシ!
やっぱりわざとですか!わたしをイライラさせようとする狙いどおりですか!

あの一連のシーンは各場所での進行のすれ違いに
観客ドキドキなクライマックスなんでしょうけど、
まさに狙いどおりに、わーそれやめて、うわーそんなことしなくてもいいんだって、って
のたうちました。

あと被害者達。助かったアマンダさんだけ、お題が簡単すぎますよね。
拘束もされてないし。ちょっと納得いきません。
あれが鍵飲んだ男は麻酔なし、とかだったらまだわかりますよ。
手足縛られただけのふつうの男が転がってて、ちょっとの痛みで絶叫するの相手に
さあ捌いて鍵取り出せ、とかだったら。
それかナイフない、とか。ナイフっていうかメスあった瞬間に、おいおい簡単だな!
って不公平感。結構簡単にできる人、いそうじゃないですか。キレちゃったら。
じっさいお姉さんもやっちゃったわけで。
麻酔効いてても自分の手ひとつ(いや口も?)で腹割って、っていったら
そりゃ相当嫌でしょうけど。
ナイフあれば、まず先に喉切っておいてから死体の腹探す、ってのでもいいわけですし。
逃げる手段自体が死ぬ危険はらんでた前の男性2人に比べ、なんて甘い。
ずるいです。特別待遇です。

で、病院の雑役夫氏はいったいどんな悪いことしたんですか。
みんな罪と罰だったわけなのに、雑役夫氏は出てこなかったですよね、
そういう設定。そんなんクライマックスに出してる余裕ないですか。

各ターゲット、単にネガティブな人生送ってる人と、ちょっとこすくて悪いことしてる人と、
って分かれてましたけど、後者にあたるローレンス医師とアダム青年に
生きてることに感謝しろ、って言っても、それはちょっと違うお説教なんじゃ…。
医師には単に自分の復讐なんですか。アダム青年、その添え物ですか。
利用されちゃっただけなんですか。

confinedモノ(閉所モノというか限定空間モノというか、そんな言葉はないと思う。造語)
にしては、外で事件が展開するせいであまり閉塞感もありません。ちょっと残念。
いや、単にわたしが密室とか閉所とか閉塞感とかがダメなだけでして、
自分が苦手なものをいかに見せてくれるかがホラーの勘所じゃないですか。
confinedモノ大好きなわけです。そういう意味で『SAW』の印象はちょっと散漫で、
勝手に抱いていた期待を外されたわけです。

すべり出しはかなりよかったんですが。
最初の方で、ノコギリ持ったローレンス医師が、
he dosen't want us cut through our chains.
he wants us cut through our feet.
って言ったときには期待にしびれました。もうそういう嫌な設定大好き。
自分では絶対やりたくない設定って、ほんと最強ですよ。

あと役者が、あんまり、なためイマイチ盛り上がらなかったというか…。
みなさんの号泣とか悲鳴が、イマイチだったんですよ…。
つうか医師とその娘でしょうか…。

総合得点としては、3.5点くらいですか。映画代に直すと1300~1500円。
前売り買う価値はあり。ただし正規大人料金では見たくない。

この話はわりと好きでしたが、どうも今後のこの監督・脚本の2人には
あまり期待できないような…。
練り込まれてすごいよくできた話、というよりは、
閉鎖空間をつくったという発想の奇抜さ一点主義、みたいな感じで、
オチがなかったら結構つらい映画になってたんじゃないかと。
ダメ映画って意味じゃなく、普通の映画って意味で。
じっさい見てる途中で、あれ?よくあるサイコなシリアルキラー?
あれ、見所は?みたいにさ迷いかけました。

ところでなんでR指定なんですか?
路線同じ『セブン』(生きるミイラも相当衝撃ありましたよ)が地上波放映できるなら
これも別に。放映は無理でも、Rつけるほどのことは…。
脚切るからなんですかねえ。確かにあれイケてましたねえ。

|

« SFA!! | トップページ | 定期的なベイルサーチ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104865/5667354

この記事へのトラックバック一覧です: 発想一点主義:

« SFA!! | トップページ | 定期的なベイルサーチ。 »